博士論文関係

学位論文審査日程及び提出書類様式について

■3月修了の場合

 1年次

  • 博士論文中間発表会 11月~12月
  • 研究計画概要(様式/wordファイル)提出 3月1日〆切

 2年次

  • 博士論文中間発表会 11月~12月
  • 博士論文概要(様式/wordファイル)提出 3月1日〆切

 3年次

  • 博士論文予備審査願(様式/wordファイル)提出 10月25日〆切
  • 博士論文概要(様式なし)提出・論文の草稿提出 11月30日〆切(指導教員に提出)
  • 論文等提出 1月10日〆切・・・注意事項を参照のこと
    ○学位論文審査願(様式/wordファイル) 1通 
    ○論文(仮綴じ可)3通 
    ○論文目録(様式/wordファイル) 1通 
    ○論文の要旨(様式/wordファイル) 1通 
    ○履歴書(様式/wordファイル) 1通 
    ○参考論文 3通 
    ○承諾書(様式/wordファイル) 1通
    〇連絡先届
  • 論文審査会(公開)・・・日程等別途通知
  • 論文提出(本製本)1通 2月26日〆切

■9月修了の場合

 1年次

  • 博士論文中間発表会 5月~6月
  • 研究計画概要(様式/wordファイル)提出 8月25日〆切

 2年次

  • 博士論文中間発表会 5月~6月
  • 博士論文概要(様式/wordファイル)提出 8月25日〆切

 3年次

  • 博士論文予備審査願(様式/wordファイル)提出 4月25日〆切
  • 博士論文概要(様式なし)提出・論文の草稿提出 5月31日〆切(指導教員に提出)
  • 論文等提出 7月10日〆切・・・注意事項を参照のこと
    ○学位論文審査願(様式/wordファイル) 1通 
    ○論文(仮綴じ可)3通 
    ○論文目録(様式/wordファイル) 1通 
    ○論文の要旨(様式/wordファイル) 1通 
    ○履歴書(様式/wordファイル) 1通 
    ○参考論文 3通 
    ○承諾書(様式/wordファイル) 1通
    〇連絡先届
  • 論文審査会(公開)・・・日程等別途通知
  • 論文提出(本製本)1通 8月25日〆切

注意事項

1.上記の期限等は,当該期日の午後5時とします。当該期日が土曜日のときはその日の翌々日とし,日曜日又は祝日等にあたるときはその日の翌日とします。
なお,年度によって変更する場合がありますので,事前にMyもみじ掲示板で確認してください。

2.学位取得に関する基礎資格としては,査読制度がある学術誌等に少なくとも1編以上の論文を掲載している(又は掲載受理の証明が出ている)か,もしくは,それに代わる著書1編以上が必要となります。

<お問い合わせ・提出先>
〒739-8521 東広島市鏡山一丁目7番1号
広島大学総合科学研究科支援室
大学院課程担当(082)424-6318

学位授与の判定基準及び学位論文の評価基準

広島大学大学院総合科学研究科では、次の判定基準に基づいて博士の学位審査を行い,適当と認められる者に対して,博士(学術)の学位を授与します。

1.博士の学位を受ける者は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき,高度な専門的知識・技能を有するとともに,学際性・総合性・創造性を基盤とする総合科学的視点から当該専門分野における研究を自立して実践できる能力を十分有していること。また,人間の社会的あり方や生き方,自然界に対する深い理解と洞察を基盤に,総合科学的視点を活用して21世紀の「知識基盤社会」*をリードしうる能力を有していること。

2.博士論文は次に定める「論文の審査項目」(評価基準)に基づき評価される。論文提出者は,当該専門分野の発表会・審査委員会で学術研究に相応しい研究発表を行い,質疑に対し論理的かつ明解に応答すること。

3.博士学位論文の提出の手続については,別に定める。(上記審査日程及び学生便覧参照)

論文の審査項目(評価基準)
(1)当該専門分野における博士としての十分な知識を修得し,問題を的確に把握し,解明する能力を身につけていること。
(2)研究テーマの設定が申請された学位に対して妥当なものであり,論文作成に当たっての問題意識が明確であること。
(3)論文の記述(本文,図,表,引用など)が十分かつ適切であり,結論に至るまで首尾一貫した論理構成になっており,論理的に明確な結論が導かれていること。
(4)設定したテーマの研究に際して,適切な研究方法,調査・実験方法,あるいは論証方法を採用し,それに則って具体的な分析・考察がなされていること。
(5)当該専門分野の理論的見地又は実証的見地に加え,国際的な学術水準及び総合科学的視点から見て,独自の価値を有するものとなっていること。

*中央教育審議会は,答申「我が国の高等教育の将来像」において,21世紀を「新しい知識・情報・技術が政治・経済・文化をはじめ社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要度を増す,いわゆる『知識基盤社会』(knowledge-based society)」と位置づけている。

研究倫理教育

博士論文をはじめとする学術論文の執筆や学会活動を行うため,本学では研究上の倫理意識を涵養する「研究倫理教育」の受講を義務付けています。
本研究科では,以下の3段階で実施します。
受講が完了しない場合は,本研究科の修了資格が与えられません。

(1)「研究倫理教育(大学院生Basic)」受講
新入生オリエンテーションガイダンスの一環として,講習会を開催します。
社会人学生等で当日受講できない学生のために,eラーニングによる代替措置があります。
※本学の博士課程前期から引き続き進学した学生に対しては,受講を免除する場合がありますので,該当者は新入生オリエンテーションガイダンスの際に,総合科学研究科支援室(大学院課程担当)へ相談してください。

(2)「研究倫理教育(大学院生Advanced(D))」受講
博士課程後期2年次前半から3年次の前半までの期間内(1年次に前倒しで受講することも可能です。)に,研究室ごとに討論形式で実施します。
指定のテキスト(独立行政法人日本学術振興会「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」SectionⅣ「研究成果を発表する」)に基づき,学生と指導教員が討論を行い,内容の理解を深めます。
受講後,指導教員から「研究倫理教育受講修了」の認定を受けます。
受講期限は,3月修了の場合は9月末,9月修了の場合は3月末です。
社会人学生等で来校できない学生のために,eラーニングによる代替措置があります。

(3)「確認書」提出
研究倫理に関し必要な事項を理解したこと,研究上の不正行為(捏造,改ざん,盗用等)を行っていないことなどを点検するため,博士論文とともに,各自で「確認書」を作成し,指導教員の承認を得て,論文とあわせて提出します。

研究倫理教育標準プログラム


up