社会基盤環境工学プログラムを担当する研究室・教員

以下では,当プログラムを主に担当する教員 (研究室) の研究テーマを紹介しています。
 

構造材料工学

一緒に研究しよう! 人類の叡知 ~コンクリート構造物~

 河合 研至 (教授)
 コンクリートの耐久性向上と環境への影響評価に関する研究

 小川 由布子 (助教)
 コンクリート材料およびコンクリートに用いる副産物の特性評価に関する研究

 RIYA Catherine George (助教)
 コンクリート構造物の構造ヘルスモニタリング
 

土木構造工学 / インフラマネジメント

君も安全で快適な空間構造物を創出してみないか!

 半井 健一郎 (教授)
 各種セメント系材料および構造の高性能化とその評価

 KHAJI Naser (准教授)
 社会基盤施設の構造解析や損傷同定,劣化診断

 有尾 一郎 (助教)
 構造物の特異性と非線形分岐解析

 HO Si Lanh (助教)
 セメント系地盤改良土の性能評価

 藤井 堅 (特任教授)
 鋼および複合構造物の設計法と維持管理・長寿命化対策に関する研究
 

地盤工学

地盤を調べて災害に備える

 橋本 涼太 (助教)
 不連続性岩盤の変形解析技術,歴史的石積建造物の修復・保存

 土田 孝 (特任教授)
 軟弱地盤の調査・設計・地盤改良技術,豪雨時斜面災害の予測と対策に関する研究
 

地球環境計画学

社会基盤が支える持続可能な都市,地域づくり

 塚井 誠人 (准教授)
 空間計量経済モデルを応用した地域計画手法の開発

 布施 正暁 (准教授)
 都市,国,地球のマルチスケールにおける環境システム分析手法の開発

 LAM Chi Yung (助教)
 社会基盤ネットワークの分析とモデリング

 稗貫 峻一 (特任助教)
 
 

環境保全工学

エコ・バイオテクノロジーで環境問題に挑む

 大橋 晶良 (教授)
 微生物を利用した排水・廃棄物からの資源・エネルギー回収

 尾崎 則篤 (准教授)
 都市水圏における微量有害物質動態の解析

 金田一 智規 (助教)
 微生物を利用した環境浄化技術の開発
 

水工学

安全で豊かな生活に資する河川づくりを探る

 河原 能久 (教授)
 豪雨災害の軽減,河川環境の計測・保全・修復に関する研究

 内田 龍彦 (准教授)
 河川流,氾濫流,津波の水理と土砂輸送,地形変化予測の研究
 

海岸工学

水辺を利用した街づくりを目指して

 川西 澄 (准教授)
 河口域の水理,環境流体力学,海岸工学に関する研究

 日比野 忠史 (准教授)
 太陽光発電を超える新しい自然エネルギー電池に関する研究

 中下 慎也 (助教)
 地下水流れを利用した干潟環境改善技術の開発
 

交通工学 (国際研)

持続可能な都市の実現に向けた交通計画

 藤原 章正 (教授)
 快適で環境にやさしい交通計画手法,持続可能な都市開発と交通
 

モビリティ・都市政策 (国際研)

QOL重視型まちづくりを目指して

 張 峻屹 (教授)
 都市,交通,観光や環境・エネルギーなどをテーマとした計画・政策,技術開発,人間行動変容などの研究
 

社会基盤計画と都市リスク管理 (国際研)

効率的でレジリエントな社会インフラの設計・運用

 力石 真 (准教授)
 次世代型社会インフラの設計・運用とそのリスク評価
 


up