研究科長メッセージ

地球的な視野で人間と自然の調和的共存に貢献する生物圏科学

大学院生物圏科学研究科長 吉村 幸則

研究科長 吉村幸則

私達は生物圏の多様な生物と共存し、そして生物の生産物を人間生活に利用したり、生物の機能をさまざまな分野に応用したりしています。世界人口は急速に増加し、自然環境では温暖化と異常な気象変動により、生態の変化や食料の安定的な供給等への懸念が深刻化しています。
この世界的な課題に対応するため、生命現象の解明、生物機能の応用、生物生産の持続的増加に関する研究は重要です。
生物圏科学研究科は、「人間と自然の調和的な共存を図るため、生物圏に起きている現象の科学的な解明と問題の解決を通して、人類の福祉と平和に貢献する教育と研究を推進する」ことを理念としています。生物圏の地球的課題が山積する現在と未来において、本研究科が地域と国際社会へ果たすべき役割は大きいと考えています。

本研究科は理念に沿って生物資源科学、生物機能開発学、環境循環系制御学の3専攻を編成し、生物圏の構成や機能を地域そして地球的視野で広く捉えるという特色を持ちながら、1) 自然と調和する持続的な生物生産活動の創出と展開、2) 生物機能・生物資源の活用とその高度利用技術の開発、3) 生物圏内の循環系を評価・予測・制御する技術の開発に関する教育研究を行っています。
生物資源科学専攻では家畜と水産生物の生産と保全、食料資源経済等に力点を置き、生物機能開発学専攻では生物機能の解明と食品機能の開発等、環境循環系制御学専攻では生物圏における物質循環系等の研究を行い、これを通して質の高い大学院教育を行っています。一方で、多様な教育を提供して、生物圏科学の研究に意欲のある国内外の多くの方が、専門領域だけでなく広く生物圏を捉えて学ぶために有効な教育体制としています。

生物圏科学の研究には国内の地域から海外を含めた広範な視野が必要です。
広島大学は文部科学省により「研究大学」そして「スーパーグローバル大学」に認定され、研究力と国際力の強化を図り、世界レベルを目指した教育研究を行っています。
本研究科もこの一員として、優れた研究を行うとともに、留学生の受け入れ、海外の研究者との交流、研究成果の国際的な情報発信を活発に行っています。「外国人教員の採用」や「英語による授業の増加」、「国際サマースクールの開催による院生の国際交流」等は研究科内の環境を着実に国際化しています。
本研究科は「国際会議での研究成果の発表」も推進しています。英語力は海外での発表だけでなく、社会で活躍するうえでもコミュニケーションのツールとして大切なため、これの向上にも努めています。世界各国においてグローバル化が進められている現在に、大学院において国際性を培うことは必須で、国際力の重要性を院生と共有していきます。

本研究科の多くの修了生は学位を取得後に、国内外の大学や試験研究機関、産業界の高度な専門技術者や研究者として活躍しています。
本研究科は生物圏科学における世界レベルの大学院教育と研究を展開し、地域・国際社会に貢献することを目指していきます。


up