研究科長メッセージ

人間活動と自然環境との調和に貢献する生物圏科学

大学院生物圏科学研究科長 三本木 至宏

  • 人間活動と自然環境

人間は自然環境中の様々な生物と共存しています。そして私たちはこれまで生物が生産した物を生活に利用したり,生物の機能をさまざまな産業分野に応用したりしてきました。しかし人間活動のためか地球温暖化が進み,自然環境が大きく変化してきています。そして世界人口の急増と相まって,食料を安定的に生産・供給できなくなるといった懸念が深刻化しています。

 

  • 生物圏科学研究科の役割

深刻化するこうした世界的な食料問題を解決するためには,生命科学,生物機能の応用,そして持続的な生物生産に関する知識と知恵を継続的に蓄積することが重要です。そこで,生物圏科学研究科は,その理念の中に「人間と自然の調和的な共存」,「生物圏におきている現象の解明」,そして「人類の福祉と平和に貢献する教育研究」を謳い,深刻化する問題に取り組むことを本研究科の役割としています。

 

  • 本研究科の構成

本研究科は3つの専攻から構成されています。

①生物資源科学専攻は,自然と調和する持続的な生物生産活動の展開を目標に,家畜と水産生物の生産と保全,食料資源経済等に力点を置いています。

②生物機能開発学専攻は,生物機能・生物資源の活用とその高度利用技術の開発を目標に,生物機能の解明と食品機能の開発等に力点を置いています。

③環境循環系制御学専攻は,生物圏における物質循環系の解明を目標に,循環系を評価・予測・制御する技術の開発等に力点を置いています。

 

  • 本研究科の活動実績

広島大学は,文部科学省から「研究大学」と「スーパーグローバル大学」の両方に認定されている国内で数少ない大学のひとつです。本学は名誉ある選ばれた大学のひとつとして,高いレベルの教育研究を行い,世界トップ100の大学になろうとしています。

本研究科は,広島大学のひとつの大学院組織として地域及び世界の両方のレベルで活動しています。

教育面では,外国人教員を採用したり,英語による授業を増やしたりしています。そして国際サマースクールを毎年開催して国際的な学生交流を促すなど,研究科の環境は着実に国際化しています。2017年は62名の留学生が本研究科で学んでいます。

研究面では,海外の大学との共同研究も活発で,その成果を国際的に発信しています。さらに,現在,近隣の食品企業を含む3つの企業と産学連携協定を結び,研究・人材交流を進めています。

大学院生に対する支援も充実しています。例えば,国際学会で研究成果を発表する場合には旅費の一部を援助しています。そして学生の英語力の向上にも積極的に取り組んでいます。

 

  • 修了生たち

本研究科の多くの修了生は学位を取得後に,国内外の大学や試験研究機関,産業界において研究者や高度な専門技術者として活躍しています。


up