学内発行雑誌の文献データベースへの収録支援

学内発行雑誌に掲載された論文がWeb of Science や SCOPUS等の文献データベースに収録されることで、論文の可視性が高まり、より多くの研究者に論文を読んでもらうことができます。

ライティングセンターでは、広島大学の研究成果の国際的な発信力を高めることを目的として、学内発行の英語雑誌のWeb of Science や SCOPUS等の文献データベースへの収録を支援します。

支援内容

文献データベース収録のためのアドバイス

Web of ScienceやSCOPUS等の文献データベースに雑誌が収録されるためには、発行基準、査読方法、編集委員の構成などのいくつかの条件があります。ライティングセンターでは文献データベースへの収録を希望される雑誌と各データベースが求める収録条件を分析し、収録条件を満たすためのアドバイスを行います。

電子ジャーナルプラットフォームの提供

電子ジャーナルで雑誌を公開することは、学内発行雑誌で発表する研究成果を世界中の研究者に効果的、効率的に届けるための必須条件です。SCOPUSではオンラインでコンテンツを提供することが、雑誌収録のための条件となっています。

ライティングセンターでは図書館と連携して、学内発行雑誌の電子ジャーナルプラットフォームを無料で提供します。学内発行雑誌は学術情報リポジトリに論文を登録することで、電子ジャーナルプラットフォームの利用が可能になります。

例)Theory and Researh for Developing Learning System

DOIの付与

DOI (Digital Object Identifier) とは、インターネット上のデータやドキュメントなどのコンテンツを識別するための識別子です。電子ジャーナルで公開された論文にDOIを付与することで、論文の識別子としてDOIを使うことができます。これにより、論文を引用されやすくなったり、インターネット上でのリンク切れをなくし、確実に論文にたどり着くことができます。

ライティングセンターでは図書館と連携して、電子ジャーナルプラットフォームで提供する論文にDOIを付与します。

例)Ikeno Norio, The issues and problems of multi-cultural education in Japan : Focus on formation of pluri-identities. Theory and Research for Developing Learning Systems, Vol3, p.27-41, 2017, doi: 10.15027/42682

問い合わせ

図書館 図書学術情報企画グループ

E-mail: wrc@hiroshima-u.ac.jp
電話: 082-424-6202


up