附属施設及び関連教育・研究施設

生物生産学部では、以下の附属施設を学生の教育および研究に活用しています。

生物生産学部附属練習船「豊潮丸(とよしおまる)」

中国・四国地方で唯一の大学附属の練習船で、他大学との共同研究を実施するほか、乗船実習や海洋生物学・水圏環境学などの実習等に活用されています。また本船は国際航海も可能であり、国内外の多くの大学・研究所との交流を深めています。(詳細はこちら

豊潮丸

大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター

瀬戸内圏フィールド科学教育研究センターは、学部と研究科の教育・研究に活用されています。 本教育研究センターには、西条ステーション(農場)と竹原ステーション(水産実験所)があります。(センターオリジナルHP 施設紹介のページへ)

瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター

共通機器室

DNAシーケンサー、アミノ酸分析装置、質量分析計、電子顕微鏡など、生物圏科学の多様な研究で用いる約80台の高度な実験用機器を研究科の共通機器として配備しています。

共通機器室

情報教育室

コンピューターを使った専門的な講義や演習が行われます。 学生は、自由に利用できます。

情報教育室

屋外実験水槽

水生動物の生理・病理・行動生態・ 生化学などに関する研究に利用 しています。

屋外実験水槽

ラジオアイソトープ実験棟

放射性同位元素を利用して、動植物・ 微生物の代謝や元素の動態解析などを行っています。

ラジオアイソトープ実験棟


up