組織の概要

3つの部門と21世紀科学プロジェクト群

「総合科学」は,さまざまな学問領域に支えられ,それらの融合・協同(コラボレーション)により新たな知を開拓する不断のいとなみによって成り立ちます。本研究科では,「人間科学」「環境科学」「文明科学」の3部門ごとに,校正するそれぞれの専門領域・専門分野の深化を進め,またそれらの融合・協同を進めています。さらに,21世紀の人類社会が直面する複合的な諸課題を克服するために,総合的な知見と理解力を基礎として部門を超えたプロジェクト研究に取り組みます。
 

人間科学部門

人間そのものの本質と普遍性を学際的・総合的に理解するために,生命・脳科学,心理学,スポーツ科学,言語学,哲学・倫理学,美学,芸術学などの自然科学的・人文科学的手法を駆使し,「人間とは何か」という課題を追求します。

環境科学部門

自然,社会,物質,情報,生活など広義の環境を学際的・総合的に理解するために,環境の形成過程を分析して,それを多角的に評価し,それを通じて現代社会が抱える複合的リスクを検証し,「環境と人間の共生はいかにあるべきか」の課題を追求します。

文明科学部門

歴史と地域性を背景として「衝突」と「対話」を繰り返す文明の動態を学際的・総合的に理解するために,文明・文化の通時的・共時的諸相を「総合科学」の手法を用いて解明し,「知的財産をいかに伝えるべきか」の課題を追求します。

部門構成

部門 領域 分野
人間科学 生命科学 生命科学
脳科学
人間行動研究 認知行動科学
人間行動学
身体運動科学研究 身体運動科学
言語研究 言語科学
人間存在研究 人間存在論
環境科学 自然環境研究 環境生態学
地球表層環境科学
総合物理研究 複雑系物理学
相関系物理学
情報システム環境研究 情報システム環境学
社会環境研究 地域環境論
現代社会論
文明科学 文明史基礎研究 分明史文化史研究
文化人類学
社会文化研究
地域研究 広域アジア研究
広域ヨーロッパ研究
英米研究

 

21世紀科学プロジェクト群

複雑な現代社会において,人類が解決すべき課題を発見・設定し,各専門分野の第一線で活躍する本研究科の教員を中心に,狭い学問分野や文理の枠を超えた研究者・学生のチームを結成し,解決への処方箋を見つけ出そうとするものです。

現代が抱える複雑な問題から研究課題を設定し,学際的・総合的な手法を駆使して課題解決の方法を見出し,さらに教育に還元することを目的とします。「言語と情報研究」「文明と自然研究」「リスク研究」「資源エネルギー研究」「要素-システム研究」のプロジェクトが実施されています。

「平和」の概念をより広い視点からとらえなおし,諸地域の文明・文化の歴史と現況に関する科学的研究を展開し,文明の共存と平和達成の可能性を探るとともに,ヒロシマという特別な地域に根ざした平和の理念を発信します。「ヒロシマの形成」「ヒロシマ韓国学」「環境平和学」のプロジェクトが実施されています。

知識基盤社会を担う「21世紀型市民」の育成をめざす教養教育のあり方を研究し,その具体的な教育方法を開発・提言します。


up