英語による相談

ライティングセンター専任教員のワン・ティンジア助教、ライティングアドバイザーフェローのジャックリーン・タイが、英語学術論文や国際学会抄録を作成するための相談を受け付けます。相談できる内容は、論文全体の構成や展開、論理の一貫性、文章のスタイル、文法などです。

相談はすべて英語で行います。

※ 文章全体を校正する、いわゆるネイティブチェックは行っていません

ライティングセンターでの対面の相談と、Microsoft Teams、Zoom または Skype などを使ったオンライン相談を行っています。
※ 現在、新型コロナ感染拡大防止のため、相談は全てオンラインで行っています。

対象とする文章

「英語」で書かれた下記の学術文章

  • 投稿予定の論文
  • 学会抄録
  • 学会発表原稿

相談場所・時間

■東広島キャンパス

場所: ライティングセンター(中央図書館1階)
時間:

 【2022年4月から】

  • ワン・ティンジア
    火曜日、水曜日 16:20~17:00、17:20~18:00
  • ジャックリーン・タイ
    月曜日 11:00~11:40、16:20~17:00
    木曜日、金曜日 11:00~11:40、15:00~15:40

※ 1回の相談時間は40分です。
※ 霞キャンパス、東千田キャンパスの方は、Microsoft Teams、Zoom または Skype などを利用したオンライン相談を受けることが可能です。
※ 現在、新型コロナ感染拡大防止のため、相談は全てオンラインで行っています。

相談の予約

  • 英語論文作成相談は完全予約制です。予約はWRCシステムから行うことができます。
  • なお、1週間に1度までの相談しか予約することはできません(特別な事情の場合を除く)。また、予約申し込みはすべて英語で記入してください。
  • 検討したい文章がある場合は、予約時に文章ファイルをアップロードしてください。
  • 同じターム中もしくは長期休暇中に2回、事前に連絡がなくセッションを欠席した場合、最後の予約日から3週間予約不可となりますので、ご留意ください。
  • 相談の予約方法の詳細はこちらのページを参照してください。


up