医学専門プログラム(博士課程)

医学における幅広い学識と高度な研究能力を有し、学際的・国際的に活躍できる教育者・研究者及び時代の要求に応え、先進的医療技術の開発・応用を担うことができる高度専門医療人を養成します。
シーズの発見、病態モデルの構築、治療開発を大きな柱とし、医学・歯学・薬学各分野の教育・研究を、研究の方法論に基づいて階層的に構築し、前臨床までトランスレーションして、がん、ゲノム疾患、神経精神疾患、組織再生等を対象に、斬新な医療開発に繋がる研究を行うとともに、それらを担う教育者・研究者の養成を行います。
また、これらの基礎的研究成果を基盤に、社会の要請に応えうる基礎医学、臨床医学及び社会医学分野を中心に応用的研究を行い、これを地域社会から国際社会まで広く展開するとともに、それを担う教育者・研究者の養成を行います。

養成する人材

医学における幅広い学識と高度な研究能力を有し、学際的・国際的に活躍できる教育者・研究者及び時代の要求に応え、先進的医療技術の開発・応用を担うことができる高度専門医療人を養成します。

教育研究上の目的

上記人材を養成するために以下の能力を習得させることを教育研究上の目的としています。

  • 高い生命倫理観と社会貢献に関する幅広い知識を持って研究を計画・遂行できる能力
  • 薬物治療を含む臨床腫瘍学の専門的な知識と医療に関連する情報医工学の知識を有し、診断・治療開発研究を推進できる力
  • 得られた研究成果を世界に発信する能力
  • 基礎的・先進的な研究解析法に関する知識と確かな技術力を持って、生命医科学の基礎的・応用的研究を展開できる能力

修了後の進路等

  1. 先進的医療技術の知識を有した高度臨床医
  2. 国内外の医療機関における先端治療専門家
  3. 生命医科学研究に関わる国内外の機関・企業研究者
  4. 国内外の医療機関における最先端臨床医学研究者
  5. 大学教員等

医学専門プログラムの3つのポリシー(博士課程)

ディプロマ・ポリシー

以下の能力を身に付け、かつ、所定の単位数を修得し、研究指導を受け、博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に、博士(医学)又は博士(学術)の学位を授与する。

  1. 医学における幅広い学識と高度な研究能力を有し、学際的・国際的に活躍できる能力を身に付けている。
  2. 時代の要求に応え、先進的医療技術の開発・応用を担うことができる能力を身に付けている。

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに基づき、以下の方針のもとに教育課程を編成し、実施する。

  1. カリキュラムは講義、特別演習及び特別研究から構成する。
  2. 生命・医療倫理に関する科目を必修とし、豊かな人間性を涵養する。
  3. 医学分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
  4. 医学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。

アドミッション・ポリシー

ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生の入学を期待する。

  1. 医学分野の基礎・臨床の先端研究に取り組みたい人
  2. 医学・歯学・薬学分野の既存の枠組みを越えて幅広く生命科学、放射線医科学の基礎・臨床を学びたい人
  3. 高度先進医療に取り組みたい人
  4. 医学分野の高度専門知識を学び、国際的に活躍したい人
  5. 社会人として医療系分野でのキャリアアップを図り、地域医療に貢献したい人

シラバス

担当研究室

解剖学及び発生生物学 神経生物学 心臓血管生理医学
神経生理学 分子細胞情報学 医化学
神経薬理学 分子病理学 病理学
ウイルス学 疫学・疾病制御学 公衆衛生学
法医学 免疫学 消化器・代謝内科学
分子内科学 脳神経内科学 精神神経医科学
小児科学 外科学 消化器・移植外科学
脳神経外科学 整形外科学 皮膚科学
腎泌尿器科学 視覚病態学 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学
放射線診断学 放射線腫瘍学 産科婦人科学
麻酔蘇生学 循環器内科学 救急集中治療医学
総合診療医学 システム医療学 内視鏡医学
リウマチ・膠原病学 感染症学 リハビリテーション学
病理診断学 腎臓内科学 形成外科学
がん化学療法科学 生命科学 (国研)理化学研究所
神経・精神病態制御学(客員教授 内匠 透)
(国研)理化学研究所
神経・精神病態制御学
(客員教授 加藤 忠史)


up