薬学専門プログラム(博士課程)

薬学専門プログラムでは、高度な専門性を有する臨床薬剤師及び研究能力を有する薬剤師(Pharmacist-Scientist)の養成を主な目的としています。
このような人材を養成するために、医療系薬学領域の教育・研究に携わる教員が中心となって、医療現場で遭遇する問題点の解決能力や高度専門医療人としての能力を育成し伸ばすように教育を行います。また、本プログラムでは、薬剤師の視点と研究能力を有し、薬学系大学教員として活躍できるための教育を行うことも目的としています。
本プログラムでは、我が国の医療薬学および薬物療法の発展に貢献できる人材や医療を中心とした薬学領域で国際的に活躍できる人材を養成することを目指しています。

養成する人材

薬学に関する深い学識及び高い見識を有し、薬学の教育・研究を通じて、我が国の医療薬学及び薬物療法の発展に貢献できる人材、医療を中心とした薬学研究領域で国際的に活躍できる人材を養成します。

教育研究上の目的

上記人材を養成するために以下の能力を習得させることを教育研究上の目的としています。

  • 臨床現場を熟知し、高度臨床薬剤師としてチーム医療に関する研究を行い、それに携われる能力
  • 専門的臨床薬学知識を修得して、その専門知識の適切な利用を研究する能力
  • 薬の使用についての知識を修得して、その適正使用を指導する能力
  • 臨床薬学を修め、国民の健康福祉に寄与する研究を行う能力
  • 臨床現場における薬物療法を履修した上で、医薬品開発研究を行う能力
  • 専門的臨床薬学領域を修め、教育・研究を行う能力

修了後の進路等

  1. 病院における高度臨床薬剤師
  2. 薬局における専門薬剤師
  3. 健康管理業務を行う臨床薬剤師
  4. 公的機関の先端的研究薬剤師
  5. 臨床的医薬品開発を行う企業研究薬剤師
  6. 大学教員等

薬学専門プログラムの3つのポリシー(博士課程)

ディプロマ・ポリシー

以下の能力を身に付け、かつ、所定の単位数を修得し、研究指導を受け、博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に、博士(薬学)又は博士(学術)の学位を授与する。

  1. 薬学に関する深い学識及び高い見識を有し、薬学の教育・研究を通じて、我が国の医療薬学及び薬物療法の発展に貢献できる能力を身に付けている。
  2. 医療を中心とした薬学研究領域で国際的に活躍できる能力を身に付けている。

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに基づき、以下の方針のもとに教育課程を編成し、実施する。

  1. カリキュラムは講義、特別演習及び特別研究から構成する。
  2. 生命・医療倫理に関する科目を必修とし、豊かな人間性を涵養する。
  3. 薬学分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
  4. 薬学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。

アドミッション・ポリシー

ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次のような学生の入学を期待する。

  1. 薬学分野の基礎・臨床の先端研究に取り組みたい人
  2. 医学、歯学、薬学分野の既存の枠組みを越えて幅広く生命科学、放射線医科学の基礎・臨床を学びたい人
  3. 高度先進医療に取り組みたい人
  4. 薬学分野の高度専門知識を学び、国際的に活躍したい人
  5. 社会人として医療系分野でのキャリアアップを図り、地域医療に貢献したい人

シラバス

担当研究室

創薬標的分子科学 生体機能分子動態学 細胞分子生物学
核酸分析化学 臨床薬物治療学 治療薬効学
病院薬剤学


up