一部の手続様式にある「個人番号」の記入欄については,指定した場合を除き「マイナンバー」ではなく「職員番号」を記入してください。
「職員番号」は採用時に付与された一意の8桁の番号で,職員証や人事異動通知書の右下に記載されています。

出産・育児にかかる手続

このページは妊娠、出産、子育てをしながら働き続けるためのいろいろな制度や手続を紹介しています。

お知らせ

産前・産後休暇および育児休業の方への学内情報提供について

産前・産後休暇および育児休業中の方にも,学内のいろいろな情報を提供できるようになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

出産・育児にかかる手続きについて

大まかな流れを表にまとめています。
見出しをクリックすると,それぞれの時期に関する説明ページへジャンプします。 

  妊娠 産前・出産・産後 出生時育児休業・育児休業の取得  
  または      
  復職,子どもを預けて仕事を再開
    1歳 3歳 小学校入学 9歳
休暇,労働時間,休業に関する制度
  ◆妊産婦に対する母性健康管理措置
 就業時間内通院(健康診査時)/通勤緩和の措置/作業の制限/時間外労働等の免除
                     
    産前休暇 産後休暇                          
    [男性]育児参加休暇                      
      [男性]出産付添休暇                          
            保育休暇                      
            子の看護休暇    
            労働時間の短縮(育児部分休業)    
○仕事と子育ての両立支援(保育施設等)    
            学内保育園の利用
病後児保育利用料補助事業 など
           
○費用に関する支援  
        出産一時金   育児休業給付金                        
        出生時育児休業給付金                              
            共済掛金の免除                  

このページでは主に常勤職員の方を対象とした制度を掲載しています。

契約職員・非常勤職員の方については、雇用形態や勤務年数などによって利用できる制度が異なる場合があります。(社会保険についてはこちらをご覧ください。)

詳しくは、部局等担当グループ等までお問い合わせください。


up