育児休業給付

育児休業給付について

雇用保険の一般被保険者の方が,1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した場合において,一定の要件を満たすと育児休業給付の支給を受けることができます。

平成22年6月30日より施行

  • 「パパ・ママ育休プラス制度(父母ともに育児休業を取得する場合の育児休業取得可能期間の延長)」の利用により育児休業を取得する場合には、一定の要件を満たすと、子が1歳2ヶ月に達する日の前日までの間に、1年まで育児休業給付金が支給されます。
  • 配偶者の出産後8週間以内の期間に、父親が育児休業を取得した場合には、育児休業の再度取得が可能となり、一定の要件を満たすと育児休業給付金が支給されます。

支給対象者

雇用保険の一般被保険者で,育児休業開始前2年間で,1か月に11日以上勤務している月12か月以上ある者。(男女を問わない。)

(注)

  • 同一の子について,2度目以後の育児休業は,支給の対象にならない。
    (ただし、新制度のパパママ育休プラスを使われた場合はこれに限りません。)
  • 育児休業を開始する時点で,育児休業終了後に離職することが予定されている者は,支給の対象にならない。

給付の内容

育児休業を開始した日から起算した1か月ごとの期間(以下「支給単位期間」という。)について,2か月に一度,支給申請(原則,事業主(広島大学))を行うことで支給される。

(注)

  • 支給単位期間において,休業している日(土・日曜日及び祝日を含む。)が20日以上あること。
  • 支給単位期間中に退職した場合は,当該支給単位期間は支給を受けることができない。
  • 女性の被保険者の場合,育児休業を開始した日とは,産後休暇(出産日の翌日から8週間)を経過した日の次の日のことをいう。

支給額

休業開始時賃金月額の67%(6ヶ月経過後は50%)

休業開始時賃金月額は,育児休業開始前(産前産後休暇を取得した被保険者の方が育児休業を取得した場合は,原則として産前産後休業開始前)6か月間の賃金により算定されます。

育児休業給付金を受給するまでの流れ

初回

育児休業者
「育児休業給付受給資格確認及び育児休業給付金申請手続願」を送付

財務・総務室 福利厚生グループ(福利厚生担当)
「休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」作成
証明項目:給与支給額,出勤日数

育児休業者
「休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」(「*「払渡希望金融機関指定届」を含む)の内容確認・署名・捺印・返送

  *「払渡希望金融機関指定届」には振込を希望する金融機関の証明を受けたものの提出が必要です。 証明を受けることが難しい場合は,当該金融機関の通帳見開きの写しを添付することでも手続可能です。

↓ 

財務・総務室 福利厚生グループ(福利厚生担当)
「休業開始時賃金月額証明書」及び「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」の確認・申請

事業所所轄のハローワーク
「育児休業給付受給資格確認通知書」の発行及び指定金融機関に給付金の振り込み 

財務・総務室 福利厚生グループ(福利厚生担当)
「育児休業給付受給資格確認通知書」の確認・送付

育児休業者
「育児休業給付受給資格確認通知書」の受け取り

2回目以降

支給申請は2か月に1度行います。

財務・総務室 福利厚生グループ(福利厚生担当)
 「育児休業給付支給申請書」送付

育児休業者
「育児休業給付支給申請書」の内容確認・署名・捺印・返送

財務・総務室 福利厚生グループ(福利厚生担当)
「育児休業給付支給申請書」の申請

事業所所轄のハローワーク
「育児休業給付支給申請書」の受理・給付金の振り込み

  ※お子様の1歳の誕生日の前々日または職場復帰前日までが対象となります。

育児休業基本給付金を受給するための手続

 育児休業の期間が決定したら,「育児休業給付受給資格確認及び育児休業給付金申請手続願」に記入・捺印のうえ,出産日や育児を行っている事実等が確認できる書類(母子健康手帳の出生届済証明書の写し等)を添付して,財務・総務室福利厚生グループ(福利厚生担当)に提出してください。

育児休業給付金受給中の扶養手当について

 育児休業給付金受給中であっても,必要な要件を満たしている場合は扶養手当の申請手続きが可能です。
 また,その際必要書類として,育児休業給付金見込額が必要となります。

★育児休業給付金見込額とは,育児休業開始からお子様の1歳の誕生日の前々日までの給付金総計額及び1回の受給額・支給予定月が記載されています。

育児休業給付金見込額の計算について

育児休業給付金の見込額は以下の添付Pdfを提出頂ければ計算致します。

提出された「育児休業給付金見込額願」は,本学の雇用保険担当が証明し,郵送にて申請者ご自身に送付します。
扶養手当申請要件を満たしている場合は,ご自身で各部局担当者へ提出してください。

なお,扶養手当の申請にあたっては,育児休業中に受給する給与や賞与の金額も必要とします。賞与の見込額については,制度企画グループ人事情報担当(内線:(東広島)6033)まで別途ご依頼ください。

問い合わせ先

財務・総務室人事部福利厚生グループ 福利厚生担当

TEL:082-424-6029
内 線: 東広島5036
E-mail:syokuin-fukuri@

※E-mailアドレスは「@」のあとに,「office.hiroshima-u.ac.jp」を付けて送信してください。


up