Q&A

1.入学者選抜について

入試全般

出願・出願書類について

選抜方法等について

その他(入試関係)

2.その他

1.入学者選抜について

入試全般

▲ページのトップに戻る

Q.入試に関するスケジュールを教えてください。

募集要項をご覧になっていただき,確認ください。

Q.募集要項の入手方法を教えてください。

本研究科ホームページから請求するか,400円切手を貼付した返信用封筒(角型2号)を同封の上,東千田地区支援室(〒730-0053 広島市中区東千田町1-1-89)あて請求してください。

Q.社会人固有の入学試験はありますか?

 本研究科には,社会人固有の入学試験はありませんが,合格者の決定方法に際しては,多様な学生(非法学部出身者・社会人)を確保するよう努めます。なお,司法書士,弁理士,公認会計士,一級建築士,医師等の資格に基づく顕著な活動実績を有する者や,外国語検定で優秀な成績を収めた者には判定基準に基づいて加点(20点を限度として加算)します。詳細は募集要項をご確認ください。

 

出願・出願書類について

▲ページのトップに戻る

Q.広島大学法科大学院を受験するには,適性試験管理員会((公財)日弁連法務研究財団)が実施する法科大学院全国統一適性試験を受験しなくてはなりませんか?

募集要項をご確認ください。

Q.他大学の法科大学院との併願はできますか?

入試日程が重なっていなければ併願できます。

Q.外国人でも出願できますか?

たとえば,「外国において,学校教育における16年の課程を修了した者」は,出願資格があります。詳細については,お問い合わせ下さい。

Q.「飛び級による出願」について教えてください。

出願時に3年次(5年課程の場合は4年次)に在学中の者で,卒業に必要な全単位の75%以上を3年次終了時(5年課程の場合は4年次終了時)までに修得し,総修得単位のうち優(A)の単位の比率が80%以上の者について事前審査を行います。この資格により出願しようとする者は,出願前に東千田地区支援室(法科大学院入試担当)へ照会のうえ,指定の期間(募集要項で確認してください。)に事前審査の手続きをしてください。ただし,早期卒業見込みの者(卒業見込み証明書が発行される者)は,事前審査の必要はありません。

Q.大学院生の場合も、大学(学部)の成績証明書を提出するのでしょうか。

大学院生(修了生含む)の場合は,大学(学部)の成績証明書と大学院の成績証明書の両方を提出してください。

Q.結婚して改姓したため,現在の氏名と証明書記載の氏名とが異なりますが,どうすればよいでしょうか。

戸籍抄本等,そのことを証明するものを当該証明書と併せて提出してください。

 

選抜方法等について

▲ページのトップに戻る

Q.2年コースを受験できるのは法学部出身者だけですか?

2年コースの受験資格者は法学部出身者に限定されていません。法学部以外の出身者でも,2年コースを志願することができますし,法律科目試験を受験して合格すれば,2年コースに入学できます。

Q.2年(既修者)コースと3年(未修者)コースとの併願はできますか?

併願することができます。その場合,「論述式資質確認」,「小論文試験」,「法律科目試験」を受けます。

Q.志願理由書や学部成績等は評価の対象になりますか。

なります。

Q.面接試験はありますか。

ありません。

 

その他(入試関係)

▲ページのトップに戻る

Q.社会人とは?

入学時において,3年程度の社会的経験を有する者を「社会人」と定義しており,定職に就いている(就いていた)かどうかは問いません。
なお,合格者の決定方法に際しては,多様な学生(非法学部出身者・社会人)を確保するよう努めます。

Q.入学試験に関する成績開示はされますか?

申請に基づき,「筆記試験及び加算点の合計点」と「法律科目試験の合計点(法律科目試験受験者のみ)」を開示します。
なお,申請方法等詳細については,募集要項やホームページで確認してください。

Q.合格しても、都合により4月から入学することが難しい場合、4月から休学することは可能でしょうか。

やむを得ない事由により引き続き3月以上修学することができない場合は,休学することができます。ただし,4月1日からの休学であれば,3月末日までに休学手続きを済ませる必要がありますので,早急に東千田地区支援室にお申し出ください。

Q.過去の入試問題を入手することはできますか?

前年度以前の入試問題は,本研究科ホームページに掲載しています(ただし,小論文の課題文の掲載は出典のみ。)。また,東千田地区支援室(東千田キャンパス)と社会科学研究科(法学部)学生支援室(東広島キャンパス)の窓口で過去の入試問題を閲覧することができます。
複写は,本学の中央図書館(東広島キャンパス)又は東千田図書館(東千田キャンパス)にて可能です(過去3年分)。

 

 2.その他

Q.広島大学法科大学院は、どのようなところにありますか?

広島大学法科大学院は,広島大学東千田キャンパスに設置されています。東千田キャンパスは,国・県・市の行政機関,中国地方唯一の高等裁判所・検察庁,広島弁護士会,企業の本社や支店が集中する広島市中心部に隣接し,交通,ショッピングなどの利便性も高く,100万都市にふさわしい都会生活を満喫しながらも落ち着いた環境で学生生活を送ることができます。

▲ページのトップに戻る

Q.自習室や図書館はありますか。

早朝6時から深夜0時まで利用できる法科大学院の院生自習室(326席完備)は,無線LANが整備され,各自がコンピューターでネットワークシステムに接続して学習に励むことができます。
また,株式会社TKCとの協力により,法科大学院教育研究支援システムを採用するほか,LLI統合型法律情報システムも導入しており,全ての学生が講義資料や判例,法令,その他の法律関連資料を24時間いつでもオンラインで取得できるシステムを整えています。
広島大学東千田図書館は,法律関係の文献・資料を備え,月曜日から土曜日まで,午後10時まで開室しています。

▲ページのトップに戻る

Q.社会人が働きながら通学することは可能ですか?

本研究科は昼間授業(原則9時30分〜17時20分)を行い,1日当たり2コマ〜3コマ(原則1コマ100分)の時間割編成となっており,定職に就きながら通学している学生もいますが充分な時間が必要となります。

▲ページのトップに戻る

Q.入学料や授業料の免除制度はありますか。

経済的な理由などにより入学料又は授業料の支払いが困難な場合は,支払いを免除する制度(入学料については免除又は徴収猶予)があります。

▲ページのトップに戻る

Q.奨学金制度はありますか?

独立行政法人日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金制度,NPO法人ロースクール奨学金広島の給付制度(広島県内所在の法科大学院在学生対象)及び広島大学独自の奨学制度として広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ(成績優秀学生に対する奨学制度)があります。

そのほかに,金融機関(広島市信用組合)と提携した無担保低金利の教育カードローンがあり,また,経済的な理由などにより支払いが困難な場合は,入学料及び授業料の免除制度もあります。
※日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けた学生であって,在学中に特に優れた業績をあげた者として,日本学生支援機構が認定した場合には,貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除されます。本研究科では,在学中の学業成績により返還免除候補者の推薦順位を決定します。(返還免除実績:2016年度 全額免除1人,半額免除2人)

▲ページのトップに戻る

お問い合わせ先
広島大学 法科大学院/大学院法務研究科 (広島市東千田キャンパス)

〒730-0053 広島市中区東千田町1-1-89 (アクセスはこちら)
TEL:082-542-7087 (法科大学院担当・東千田地区支援室)


up