微生物環境評価論

研究内容紹介

植物が養分を吸収する根の周りを「根圏」と呼ぶ。根圏では、根からの分泌物質を通して植物-微生物間相互作用が成立しており、これが養分動態に大きな影響を及ぼしているが、未解明の部分が大変多い。本教育科目では、微生物と植物の両面からその未知なる世界の解明に取り組んでいる。主な研究内容は以下の通りである。

1)リンは,肥料三要素の一つとして重要である一方で、環境問題や資源の枯渇問題に直面する。そのリンの動態に重要な役割を果たす物質について、根からの分泌の分子機構を明らかにする。また、土壌中でリンの動態に影響を及ぼす微生物の機能と、植物-微生物間相互作用について調査する(和崎)。

キーワード

根圏,植物-微生物間相互作用,分泌物質,リン

 

 

低リン条件でも良く育つことのできるルーピン(右)ルーピンがリンの吸収を高めるために形成したクラスター根(左)

低リン条件でも良く育つことのできるルーピン(右)ルーピンがリンの吸収を高めるために形成したクラスター根(左)

最近の業績

Maruyama, H., Yamamura, T., Kaneko, Y., Matsui, H., Watanabe, T., Shinano, T., Osaki, M., and Wasaki, J. (2012) Effect of exogenous phosphatase and phytase activities on organic phosphate mobilization in soils with different phosphate adsorption capacities. Soil Science and Plant Nutrition,58(1), 41-51.

Ohkama-Ohtsu, N. and Wasaki, J. (2010) Recent Progress in Plant Nutrition Research: Cross-talk between nutrients, plant physiology and soil microorganisms. Plant and Cell Physiology, 51(8), 1255-1264.

Wasaki, J. and Maruyama, H. (2010) Chapter 4: Molecular approaches to study biological phosphorus cycling. In Phosphorus in Action – Biological Processes in Soil Phosphorus Cycling. Eds. Bünemann, E., Oberson, A. and Frossard, E. p 93-112. Springer, Heidelberg, Germany. ISSN1613-3382.

Wasaki, J., Maruyama, H., Tanaka, M., Yamamura, T., Dateki, H., Shinano, T., Ito, S., and Osaki, M. (2009) Overexpression of LASAP2 gene for secretory acid phosphatase of white lupin improves P uptake and growth of tobacco plants. Soil Science and Plant Nutrition, 51(1), 107-113.

スタッフ


up