陸域・大気循環予測論

研究内容紹介

本研究科目では、陸域-大気間の炭素・エネルギーの動態とそれに対する気候変動の影響について研究を行っている。現在は主に下記の2つの研究を進めている。

1)北極陸上生態系と河川流域生態系を対象に、現地調査とモデル解析により、炭素循環プロセスの解明と環境変動の影響予測を目指している(中坪)。

2)環境変化に伴う森林生態系の応答を定量的に評価するために、北方林や暖温帯の森林を対象として、植生動態、大気ー森林生態系間のエネルギー・炭素収支に関する野外観測やモデリング研究を行っている(戸田)。

キーワード

陸域生態系,炭素循環,大気,北極,森林,河川流域

 

 

高緯度北極スバールバルの氷河後退域

高緯度北極スバールバルの氷河後退域

河川への有機炭素供給源である河畔植生

河川への有機炭素供給源である河畔植生

最近の業績

Uchida, M., Muraoka, H., Nakatsubo, T. (2016) Sensitivity analysis of ecosystem CO2 exchange to climate change in a High Arctic tundra using an ecological process-based model. Polar Biology  39: 251-265.

Nakatsubo, T., Uchida, M., Sasaki, A., Kondo, M., Yoshitake, S., Kanda, H. (2015) Carbon accumulation rate of peatland in the High Arctic, Svalbard: Implications for carbon sequestration. Polar Science 9: 267-275.

Sasaki, A, Nakao, H., Yoshitake, S., Nakatsubo, T. (2014) Effects of the burrowing mud shrimp, Upogebia yokoyai, on carbon flow and microbial activity on a tidal flat. Ecological Research 29: 493-499.

中坪孝之 (2008) 高緯度北極氷河後退域における遷移.重定南奈子・露崎史朗(編)攪乱と遷移の自然史【「空き地」の植物生態学】, pp. 219-232. 北海道大学出版会.

Toda, M., Takata, K., Nishimura, N., Yamada, M., Miki, N., Nakai, T., Kodama, Y., Uemura, S., Watanabe, T., Sumida, A., Hara, T. (2011) Simulating seasonal and inter-annual variations in energy and carbon exchanges and forest dynamics using a process-based atmosphere-vegetation dynamics model. Ecological Research 26: 105-121.

Toda, M., Kolari, P., Nakai, T., Kodama, Y., Shibata, H., Yoshida, T., Uemura, S., Sumida, A., Kato, K., Ono, K., Hara, T. (2011) Photosynthetic recovery of foliage after wind disturbance activates ecosystem CO2 uptake in cool-temperate forest of northern Japan. Journal of Geophysical Research-Biogeosciences doi:10/1029/2010JG001611.

戸田 求 (2010) 大気―植生相互作用モデルによる陸域生態系の炭素収支研究. 光合成研究会誌, 20(1): 34-42.
Toda, M., Yokozawa, M., Emori, S., Hara, T. (2010)

M Toda, M Yokozawa, S Emori, T Hara (2010)  More asymmetric tree competition brings about more evapotranspiration and less runoff from the forest ecosystems: A simulation study. Ecological Modelling 221: 2887-2898.

スタッフ

教授 中坪 考之     
講師 戸田 求


up