植物栄養生理学

研究内容紹介

本教育科目では、高等植物の機能や特徴について分子・細胞レベルから、環境浄化機能に至るマクロなレベルまで幅広く解明し、それを応用した食糧資源の増産、安全性や品質の向上、或いは植物による環境保全機能の改善を目指している。以下の2つの研究を行っている。

1) 乾燥地や塩集積土壌などの不良環境下で生産性の高い植物の機能を明らかにし、環境ストレス耐性植物を育成している。さらに、フィチンの低い穀物など高品質・高機能性穀類を開発し、健康や環境問題に配慮した農業技術の開発も行っている(実岡)。

2) 植物の環境ストレス(主に塩害)耐性機構の分子生理学的研究および遺伝子工学的手法による環境ストレス耐性植物の作出を行う。また自然環境からの有用細菌の単離と細菌のバイオフィルム形成を利用した植物の生産性向上のための技術開発を行う(上田)。

3) 塩・アルカリストレス下における生産性と品質の高い植物の選抜と耐性植物の特性を解明し、植物における塩・アルカリ耐性の強化と品質向上に関する研究を行っている(劉)。

キーワード

作物生産,植物栄養生態,環境ストレス耐性,塩害,遺伝子組換え植物

 

 

ダイズの栽培と実験圃場

ダイズの栽培と実験圃場

世界の多様なイネ品種群からの耐塩性品種の選抜

世界の多様なイネ品種群からの耐塩性品種の選抜

最近の業績

Liu LY, Hany A. El-Shemy, Hirofumi Saneoka. (2017) Effects of 5-aminolevulinic acid on water uptake, ionic toxicity, and antioxidant capacity of Swiss chard (Beta vulgaris L.) under sodic-alkaline conditions. Journal of Plant Nutrition and Soil Science, 180: 535-543.

Assaha D.V.M., Liu L., Ueda A., Nagaoka T., Saneoka H. (2016) Effects of drought stress on growth, solute accumulation and membrane stability of the leafy vegetable, huchleberry (Solanum scabrum Mill.). Journal of Environmental Biology 37: 107-114.

Raboy V., Cichy K., Peterson K., Reichman S., Sompong U., Srinives P., Saneoka H. (2014) Barley (Hordeum vulgare L.) low phytic acid 1-1: An endosperm-specific, filial determinant of Seed total phosphorus. Journal of heredity 105: 656-665.

Liyun L., Ngyen TN., Ueda A., Saneoka H. (2014) Effects of 5-aminolevulinic acid on Swiss chard (Beta vulgaris L. subsp. cicla) seedling growth under saline conditions. Plant Growth Regulation 74: 219-228.

上田晃弘・実岡寛文 (2013) リン酸資源枯渇に対応したリン栄養研究, 6.低フィチン穀類の開発とその利用. 日本土壌肥料学雑誌 84: 118-124.

Mekawy, A.M.M., Assaha, D.V.M., Yahagi, H., Tada, Y., Ueda, A., Saneoka, H. (2015) Growth, physiological adaptation, and gene expression analysis of two Egyptian rice cultivars under salt stress. Plant Physiology and Biochemistry 87: 17-25.

Ueda, A., Yahagi, H., Fujikawa, Y., Nagaoka, T., Esaka, M., Calcaño, M., Martínez, M, Martich, J.D.H., Saneoka, H. (2013) Comparative physiological analysis of salinity tolerance in rice. Soil Science and Plant Nutrition 59: 896-903.

Ueda, A., Wood, T.K. (2009) Connecting quorum sensing, c-di-GMP, pel polysaccharide, and biofilm formation in Pseudomonas aeruginosa through tyrosine phosphatase TpbA (PA3885). PLoS Pathogens 5: e1000483. (Journal Cover)

Ueda, A., Li, P., Feng, Y., Vikram, M., Kim, S., Kang, C.H., Kang, J.S., Bahk, J.D., Lee, S.Y., Fukuhara, T., Staswick, P.E., Pepper, A.E., Koiwa, H. (2008) The Arabidopsis thaliana carboxyl-terminal domain phosphatase-like 2 regulates plant growth, stress and auxin responses. Plant Molecular Biology 67: 683-697. (Journal Cover)

スタッフ

教 授 実岡 寛文     
准教授 上田 晃弘
助 教 劉 利雲

 

 

>> 研究室のホームページへ


up