動物資源化学

研究内容紹介

本教育科目は、プロバイオティクス、プレバイオティクス、ポリフェノール類をはじめとした食品成分の生体調節機能を探索・研究することを通して、人々の健康に貢献することを目指しています。

1)近年、食の欧米化に伴うメタボリックシンドロームやストレスが引き起こす疾患が社会的・医学的に問題となっています。これら疾患の新たな発症メカニズムを探るとともに、プレバイオティクスやポリフェノール類などによる予防効果を研究しています。研究成果を通して、新たな機能性食品への応用を目指します(鈴木)。

キーワード

ヨーグルト,乳酸菌,オリゴ糖,ポリフェノール

 

 

乳ペプチドの腸管バリア保護作用の評価

乳ペプチドの腸管バリア保護作用の評価

タイトジャンクション分子の免疫染色像 (ラット大腸)

タイトジャンクション分子の免疫染色像 (ラット大腸)

最近の業績

Suzuki T, Elias BC, Seth A, Shen L, Turner JR, Giorgianni F, Desiderio D, Guntaka R, and Rao RK.(2009)
PKC eta regulates occludin phosphorylation and epithelial tight junction integrity.  Proc Natl Acad Sci USA 106: 61-66.

Suzuki T.(2013)
Regulation of intestinal epithelial permeability by tight junctions. Cell Mol Life Sci.70(4):631-59.

Azuma T, Shigeshiro M, Kodama M, Tanabe S, Suzuki T.(2013)
Supplemental naringenin prevents intestinal barrier defects and inflammation in colitic mice. J Nutr. 143(6):827-34.

Noda S, Tanabe S, Suzuki T. (2013)
Naringenin enhances intestinal barrier function through the expression and cytoskeletal association of tight junction proteins in Caco-2 cells. Mol Nutr Food Res. In press.

スタッフ


up