教職開発専攻

 教職開発専攻では,新しい学校づくりを担う高度専門職業人を育成するため,専門職学位プログラムとして「教職開発プログラム」を開設する。

○教職開発プログラム

 高度に複雑化,多様化する現代の学校や地域が抱える課題に対し,構造的・総合的な理解に立って幅広く指導性を発揮できる専門性と豊かな人間性を備えた高度な専門職業人として,高度な専門的知識・技能,教育実践の遂行力,省察力を身に付け,教育委員会等のデマンド・サイドからの要望を踏まえ,学校や地域の課題解決に応えられる,優れた実践的対応力と実践研究力を備えるとともに,自己の崇高な使命を深く自覚した,「探究・創造・協働の学び」を追求する新しい学校づくりを担う総合的で実践的なプロフェッショナルを育成する。

 今後の教員養成の充実に対する期待を踏まえ,広域拠点型の教員養成を使命としていることに鑑み,広島県教育委員会,広島市教育委員会,東広島市教育委員会等との緊密な連携・協働のもとに,教職開発プログラムを開設する。それにより,学部段階での資質能力を有した者の中から,さらにより実践的な指導力を備え,新しい学校づくりの有力な一員となり得る新人教員の育成を行うことを目指し,また,現職教員を対象に,学校における指導的役割を果たし得る教員等として不可欠な確かな指導的理論と優れた実践的対応力と実践研究力を備えたスクールリーダーを育成することを目指す。

 本プログラムには,以下の2つの履修コースを設ける。

<学校マネジメントコース>

 教育委員会等のデマンド・サイドからの要望を踏まえ,管理職として必要とされる資質・能力を身に付け,学校経営ビジョンに基づきリーダーシップやマネジメント力等を発揮して,これからの学校づくりをけん引し指導的な役割を果たし得るスクールリーダー(学校管理職候補や指導主事等の教育行政職)を育成する。

 本コースでは,「自らと組織の『使命(ミッション)』を追求し,『探究・創造・協働の学び』を促進するマネジメント力を備えたスクールリーダーの育成」を目指す。具体的到達目標は,次のとおりである。

①学校マネジメントの各職務に関する基本的な知識を備えている。

②自らと組織の「使命(ミッション)」を追求する姿勢とそれを支える「教育・学校に関する識見」を備えている。

③「なぜ・何のために」と自らに問い,省察的に学び続けることができる。

④「探究・創造・協働の学び」を促進するリーダーシップを発揮できる。

⑤学校づくり・学校改善等に関するアクションリサーチ型の探究ができる。

<教育実践開発コース>

 教育委員会等のデマンド・サイドからの要望を踏まえ,教員として必要とされる資質・能力を身に付け,専門職としての高度な知識・技能,組織の一員としてのマネジメント力等を発揮して,新しい学びや諸課題に対応した教育実践を創造・推進できる,新しい学校づくりの有力な一員となり得る新人教員と,新しい学校づくりの中心となるミドル・リーダーを育成する。

 本コースでは,「『探究・創造・協働の学び』への変革を推進できる教員の育成」を目指す。具体的到達目標は,次のとおりである。

①「探究・創造・協働の学び」への変革を推進できる。

②教科指導,生徒指導,マネジメント等の課題解決に総合的に対応できる。

③アクションリサーチ型の探究による教育実践開発の実践的研究ができる。

④新しい学校づくりに主体的に参画できる。

⑤省察的に学び続けることができる。

 本専攻での共通科目・選択科目・実習の履修を通して,教員としての核(キャリア・アンカー)をつかみ,これからの学校づくりに貢献することのできる,「自己の崇高な使命を深く自覚」した「学び続ける教員」を育成する。現職教員学生については,これまでの自らの実践を省察しながら,新たな学校づくりの中核を担う教員として育成する。学部卒学生については,学士課程でこれまでに学んできたことをもとにしながら,実践的対応力と実践研究力を備えた教員として育成する。

令和3年度 時間割

大学院共通科目(研究科共通科目,専攻共通科目を除く)の問合せ先

   教育推進グループ(教養教育担当)
     場所  :総合科学部M棟1階
     電話番号:082-424-6153
     E-Mail :gsyugaku-group@office.hiroshima-u.ac.jp

※研究科共通科目,専攻共通科目,プログラム専門科目の履修については,指導教員に相談してください。

専門職学位課程

時間割表(前期:4月~9月)

※教職開発プログラムが対象となる専攻共通科目の開講はありません。

時間割表(後期:10月~3月)

※教職開発プログラムが対象となる専攻共通科目の開講はありません。
※後期は教職開発プログラムが対象となる研究科共通科目の開講はありません。大学院共通科目,専門科目の時間割を以下により確認してください。


up