病理セカンドオピニオン

病理セカンドオピニオンについて

病理セカンドオピニオン外来は、現在治療を受けられている当院以外の医療機関の病理検査に関して、
本院の病理専門医が診断・考察・意見を提供し、患者さんご自身の治療に際して、参考にしていただくものです。

 

 

相談内容の例

生検術でがんの疑いと言われたとき

組織診断がはっきりしないと言われたとき

病理診断の結果に疑問を持っているとき

 

ただし,次のような目的での相談には応じられません。

医療訴訟に関する相談

主治医に対する不満の相談

転院希望の相談

医療事故に関する相談

診療費用に関する相談

死亡した患者さんに関する相談

 

 

治療行為は行いません。なお,診察を希望される場合は,病理セカンドオピニオン外来ではなく,一般の外来を受診してください。相談内容によってはお断りする場合がありますのでご了承ください。

 

※必ず事前に患者支援センター(082-257-5079)へ電話にてご相談ください。

 

相談の対象者

申込者(当院以外の医療機関におかかりの方)または申込者ご本人の同意を得た家族の方であり、なおかつ現在の主治医から、診療情報提供書及び病理標本などの資料の提供が受けられる方。

 

 

相談時間及び料金

病理セカンドオピニオンは健康保険などの適用がございませんので,料金は全額自己負担となります。

相談時間は,1回につき1時間以内です。

なお,料金には報告書作成費用を含んでいます。

 

相談時間 料金
1時間以内 33,000円(税込)

 

相談予約・受付までの流れ

※当院の病理セカンドオピニオンは,『完全予約制』です。

①現在の主治医に病理セカンドオピニオンを受けたい旨をご相談してください。

②紹介元医療機関より「病理セカンドオピニオン申込書」及び「紹介・診療情報提供書 病理セカンドオピニオン用」をFAXしてください。
※申込書は必ず患者さんご本人、もしくは相談者の方がご記入ください。
※診療情報提供書は各医療機関の書式で構いませんが、その場合「病理セカンドオピニオン」であることを明確に記載してください。

③紹介元医療機関より「紹介・診療情報提供書 病理セカンドオピニオン用」の原本と詳細な医療データ(病理プレパラート標本(可能ならば未染色標本スライド・標本ブロック)や病理診断報告書の写し等)を「広島大学病院 患者支援センター セカンドオピニオン担当者」宛てに郵送でご送付ください。
※急を要する病理セカンドオピニオンの場合,郵送が間に合わない場合がありますので,郵送前に当院までご相談ください。

④上記資料一式が当院へ届き、病理医の診断がつき報告書が出来上がりしだい相談日程の調整に入ります。
※資料が当院へ届いたあと、報告書が出来上がるまで2週間程度かかります。
※「病理プレパラート標本」で診断できない場合は、本院で病理標本ブロックから標本を作製することがありますので、あらかじめご了承ください。

⑤日程が決定しましたら、当院より相談者へ日程のご連絡をいたします。

⑥日程連絡を希望された紹介元医療機関にのみ相談日の日程連絡をいたします。

⑦相談当日は、相談者が患者さん本人でない場合、「同意書」と「続柄を確認できる書類」(健康保険証など)をお持ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・資料送付先
広島大学病院 患者支援センター
  • 受付時間 月曜日~金曜日(祝祭日除く)9:00~17:00
  • 電話番号 082-257-5079
  • FAX         082-257-2013
  • 郵送先  〒734-8551 広島市南区霞1丁目2番3号
          (広島大学病院 患者支援センター宛)


up