院内感染対策について

院内感染対策に関する取組事項

1 院内感染対策に関する基本的考え方

感染防止対策は、安心・安全な医療提供の基盤となるものです。
当院は、感染防止対策を病院全体として取り組み、病院に関わる全ての人々を対象として、院内感染発生の予防と発生時の速やかな対応を行うことに努めます。

2 院内感染対策のための委員会の組織に関する基本的事項

本院における院内感染対策に関する決定機関として、感染症対策委員会を設置し、さらに専門の事項を検討するため、同委員会の小委員会(医科領域及び歯科領域)において毎月1回会議を行い、院内感染対策の策定と推進に関する事項を検討しています。
感染症対策委員会が策定した感染対策を実施するため、感染制御部に感染制御チーム(ICT)を組織し、感染対策の実務を担当し、円滑な実務運用のため、看護部に「感染対策リンクナース」を、各診療科、中央診療施設、薬剤部、診療支援部に「感染対策実践者」を置いています。

3 院内感染対策のための従業者に対する研修に関する基本方針

職員の院内感染対策に対する意識を高め、病院職員として業務を遂行する上での技能や意識の向上を図ることを目的として、全職員を対象とした研修会を年2回以上開催しています。

4 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

院内感染の発生の予防及びまん延の防止を図るため、病院における感染菌の検出状況を週1回毎に「感染情報レポート」として、看護師長、感染対策実践者及び感染対策リンクナースに周知し、必要なときは直接当該部署への周知を行っています。

5 院内感染発生時の対応に関する基本方針

感染症患者さんが発生した場合は、感染制御チーム(ICT)が現場確認、調査等を行い、速やかに感染対策を講じています。また、届出義務のある感染症患者さんが発生した場合には、感染症の予防及び感染症患者さんに対する医療に関する法律に準じて、行政機関へ報告を行っています。

6 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本取組事項は、患者さん及びご家族の方などに感染対策への理解と協力を得るため、院内掲示などを行い、閲覧の推進に努めます。

7 病院における院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策の推進のため「院内感染対策マニュアル」を整備して、職員への周知徹底を図るとともに、マニュアルの定期的な見直し、改訂を行っています。

新興感染症発生時の対応について

広島大学病院は、広島県から第一種感染症指定医療機関に指定されており、新興感染症発生時において、広島県の要請に応じて感染症患者を受入れる体制を有しています。

新型コロナウイルス感染症患者の受入れについて

広島大学病院は、広島県から新型コロナウイルス感染症重点医療機関に指定されています。新型コロナウイルス感染症の流行状況に応じて、最大で36床を確保病床としています。


up