病院長・主席副病院長あいさつ

病院長 木内良明(Kiuchi,Yoshiaki)

広島大学病院は、日本国内でも有数の高度医療技術を持つ医療機関のひとつです。広島県内唯一の医育機関でもあり、「全人的医療の実践」、「優れた医療人の育成」、「新しい医療の探求」を理念として掲げ、診療、教育、研究に日々努力しています。社会からの課題や要請もあり、大学病院の役割、機能も日々変化、増加しています。大学病院の将来あるべき理想的な姿を見据えて広島大学病院も変化してまいります。

現在、最も求められている変化は医療安全、医療倫理、研究倫理の確立です。そのための医学教育の質の改善も必要になりますので、広島大学病院は組織的・人的基盤を再度整備し、安全管理、医療や研究の倫理体制の強化もしてまいります。さらに、医療の質に関する指標を設定し、診療の評価・改善を行うとともにそれを社会に公表していきます。

高度最先端の医療の研究、開発を推進し、安全な医療を患者さんに提供することは私どもの確固たる目標です。そのためにも先端医療の研究・開発を推進するために必要な人材を確保し、基盤を整備してくことは軽視できません。

また、職員の働き方改革、災害時の対応能力の向上、病院経営の安定化を図ることも重要な問題と捉えています。

広島大学病院は、“大学病院”としての使命を果たすべく、職員一同力を合わせて努力する所存です。今後とも引き続き、皆様のご理解とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

病院長 木内良明

主席副病院長 津賀 一弘(Tsuga,Kazuhiro)

広島大学病院は、医学・歯学・薬学・保健学の統合による新しい最善の医療の開発と提供に努めています。その中で歯科は、歯学部のある大学の病院ならではの多くの経験ある教職員が診療に参画しています。かかりつけ歯科医院や病院からご紹介いただいた歯や口の難治疾患の高度な検査、わかりやすくていねいな説明、熟練を要する専門的治療を行うとともに、医科での手術や抗がん剤治療、移植治療の早期回復に役立つ口腔ケアや栄養摂取改善にも協働しています。

また、国際化する広島社会と共存して、海外へ転勤される患者さんの現地の病院・医院への紹介、本院での外国人患者さんの診療に対応するとともに、カンボジアなど開発途上国への医療支援や修練医の受け入れも積極的に進めています。

さらに、新しい検査や治療を地場および全国の企業、世界中の大学や研究機関と共同開発し、安全で効果的な医療として広く提供することを目指し、全教職員が一丸となって、日々精進しています。
患者の皆さんの健康百寿を目指し、全国の医療・介護・福祉・教育関係の方々に高く評価いただけるよう、皆で頑張りますので、引き続きご理解とご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

主席副病院長 津賀一弘


up