ファミリーハウス運営基金ご寄附のお願い

病院長あいさつ

広島大学病院は、厚生労働省より平成25年2月に中国・四国ブロックで唯一の小児がん拠点病院に指定され、広島県を中心として、小児がんや難病の子どもさんを受入れ造血幹細胞移植を含めた先進医療を行っています。
小児がんの治療には半年以上にわたる長期入院が必要となるため、経済的な負担や、家族が離れて暮らす精神的な負担を抱えることとなりますが、その負担を少しでも軽減できるよう、患者・家族が利用できる滞在施設として、「広島大学病院ファミリーハウス」を建設いたしました。

建設にあたっては、多額の資金が必要になることから基金を設けて、多くの方にご篤志を賜り、ありがとうございました。

利用される患者さんのご家族が低廉な金額で宿泊できる様に、また施設の充実を図るために、引き続き運営基金として多くの方から幅広く支援をお願いすることといたしました。
何卒、皆様方のご篤志をお願いいたします。

建物・設備概要

階数
5階建

戸数
2人部屋(洋室) 9室/3人部屋(和室) 2室
(バス・トイレ、ミニキッチン付き、ベッド、机、エアコン等付帯設備完備)
多目的ルーム 1室

寄附金の振込方法

金融機関窓口(指定銀行等)からの振込 (専用用紙をご利用ください)
※詳細は、「広島大学病院ファミリーハウス運営基金寄附関係書類」をご覧ください。

寄附金に対する免税の取り扱い

広島大学病院「ファミリーハウス」運営基金に対する募金は、所得税法上の「寄附金控除」の対象となる特定寄付金(所得税法第78条第2項第2号)又は法人税法上の全額損金算入が認められる指定寄附金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されておりますので、税制上の優遇措置を受けることができます。

【個人の場合】
○所得税の寄附金控除
   募金金額から2,000円を差し引いた額について、所得税控除等を受けることができます。
   ただし、総所得の40% - 2,000円が所得控除を受けられる上限額となります。
○個人住民税の寄付金税額控除
   (募金金額 - 2,000円)×控除率が税額控除を受けられる上限額となります。

≪控除率≫
   都道府県から指定を受けた場合の控除率 4%
   市区町村から指定を受けた場合の控除率 6%
   都道府県・市区町村の両方から指定を受けた場合の控除率 10%(4% + 6%)

【法人の場合】
   寄附金の金額を損金算入することができます。

ご寄附いただいた方への顕彰

これまでに寄附いただいた方を公表いたします(公表を希望された方のみ)。
ご協力ありがとうございます。

お問い合わせ先及び「広島大学病院ファミリーハウス運営基金寄附関係書類」請求先

広島大学病院総務グループ
〒734-8551 広島市南区霞1丁目2-3
TEL : 082-257-5007 , 5043
E-mail : byo-soumu(AT)office.hiroshima-u.ac.jp ((AT)は半角@に置き換えてください)

関係書類


up