脳神経外科スタッフ

栗栖 薫 ( KURISU, Kaoru )
栗栖 薫

役職:広島大学副理事(資金調達担当)、トランスレーショナルリサーチセンター長、脳神経外科長、教授
専門分野:脳神経外科、脳腫瘍、脳血管障害、情報統合型手術の運用(スマート治療室、SCOT)、橋渡し研究推進
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本救急医学会救急科専門医
論文・出版物:研究者総覧

杉山 一彦 ( SUGIYAMA, Kazuhiko )
杉山 一彦

役職:がん化学療法科長、教授、化学療法室長、がん治療センター長
専門分野:脳腫瘍
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本救急医学会救急科専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導責任者
論文・出版物:研究者総覧
結節性硬化症包括的診療グループ(TSCHUB)メンバー

飯田 幸治 ( IIDA, Koji )
飯田 幸治

役職:准教授、てんかんセンター長
専門分野:てんかん外科、脳腫瘍
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本てんかん学会専門医・指導医
・日本救急医学会救急科専門医
・カナダ神経生理学会臨床脳波(てんかん)専門医
・日本臨床神経生理学会脳波専門医
・迷走神経刺激療法資格認定医
論文・出版物:研究者総覧
結節性硬化症包括的診療グループ(TSCHUB)メンバー

山崎 文之 ( YAMASAKI, Fumiyuki )
山崎 文之

役職:診療准教授
専門分野:脳腫瘍、小児脳腫瘍、神経画像診断
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本小児神経外科学会認定医
・日本Awake Surgery学会(脳腫瘍覚醒下マッピング加算の施設認定担当医)
論文・出版物:研究者総覧

坂本 繁幸 ( SAKAMOTO, Shigeyuki )
坂本 繁幸

役職:講師
専門分野:脳血管障害、脳血管内治療
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医・指導医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
論文・出版物:研究者総覧

岡崎 貴仁 ( OKAZAKI, Takahito )
岡崎 貴仁

役職:診療講師
専門分野:脳血管障害、脳血管内治療
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医・指導医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本脳卒中の外科学会技術指導医
論文・出版物:研究者総覧

武田 正明 ( TAKEDA, Masaaki )
武田 正明

役職:診療講師、医局長
専門分野:脊椎脊髄疾患、末梢神経の外科、頭蓋底外科、術中モニタリング
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
論文・出版物:研究者総覧

木下 康之 ( KINOSHITA, Yasuyuki )
木下 康之

役職:診療講師、病棟医長
専門分野:間脳下垂体腫瘍、神経内視鏡
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本内分泌学会内分泌代謝科(脳神経外科)専門医
・日本神経内視鏡学会技術認定医
・健康スポーツ医(日本医師会認定)
論文・出版物:研究者総覧

香川 幸太 ( KAGAWA, Kota )
香川 幸太

役職:助教、外来医長
専門分野:てんかん外科、脳波判読
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本てんかん学会専門医
・カナダ神経生理学会臨床脳波(てんかん)専門医
論文・出版物:研究者総覧

光原 崇文 ( MITSUHARA, Takafumi )
光原 崇文

役職:助教
専門分野:脳腫瘍、頭蓋底外科、脊椎脊髄外科、脳血管内治療
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本脳卒中の外科学会技術指導医
・日本脊髄外科学会脊椎脊髄外科専門医
・日本再生医療学会再生医療認定医
論文・出版物:研究者総覧

大下 純平 ( OSHITA, Jumpei )

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:脳血管障害、脳血管内治療
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医

片桐 匡弥 ( KATAGIRI, Masaya )
片桐 匡弥

役職:医科診療医
専門分野:てんかん外科、脳磁図
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本救急医学会救急科専門医
・日本てんかん学会専門医
・日本臨床神経生理学会認定医(脳波部門)
・迷走神経刺激療法資格認定医
論文・出版物

  1. M. Katagiri, K. Iida, K. Kagawa, A. Hashizume, N. Ishikawa, R. Hanaya, K. Arita, and K. Kurisu, “Combined surgical intervention with vagus nerve stimulation following corpus callosotomy in patients with Lennox-Gastaut syndrome,” Acta Neurochir. (Wien)., 2016.
  2. S. Wang, Y. Tang, T. Aung, C. Chen, M. Katagiri, S. E. Jones, R. A. Prayson, B. Krishnan, J. A. Gonzalez-Martinez, R. C. Burgess, I. M. Najm, A. V. Alexopoulos, S. Wang, M. Ding, and Z. I. Wang, “Multimodal noninvasive evaluation in MRI-negative operculoinsular epilepsy,” J. Neurosurg., pp. 1–11, Apr. 2019.
  3. S. Wang, B. Jin, T. Aung, M. Katagiri, S. E. Jones, B. Krishnan, J. A. Gonzalez-Martinez, R. A. Prayson, I. M. Najm, A. V Alexopoulos, S. Wang, M. Ding, and Z. I. Wang, “Application of MRI Post-processing in presurgical evaluation of non-lesional cingulate epilepsy,” Front. Neurol., vol. 9, no. NOV, p. 1013, 2018.
  4. H. Hosoyama, R. Hanaya, T. Otsubo, M. Sato, Y. Kashida, S. Sugata, M. Katagiri, K. Iida, and K. Arita, “Application of Rubber Band with Hooks on Both Ends for Vagus Nerve Stimulator Implantation,” World Neurosurg., vol. 111, 2018.
  5. K. Kagawa, K. Iida, S. Baba, A. Hashizume, M. Katagiri, K. Kurisu, and H. Otsubo, “Effective withdrawal of antiepileptic drugs in pre-monitoring admission to capture seizures during limited video-EEG monitoring,” Epilepsia Open, pp. 172–179, 2017.
  6. B. Bayasgalan, M. Matsuhashi, T. Fumuro, H. Nohira, N. Nakano, K. Iida, M. Katagiri, A. Shimotake, R. Matsumoto, T. Kikuchi, T. Kunieda, A. Kato, R. Takahashi, and A. Ikeda, “We could predict good responders to vagus nerve stimulation: A surrogate marker by slow cortical potential shift,” Clin. Neurophysiol., vol. 128, no. 9, pp. 1583–1589, 2017.
高野 元気 ( TAKANO, Motoki )

役職:医科診療医
専門分野:脳腫瘍
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医・指導医
・日本Awake Surgery学会(脳腫瘍覚醒下マッピング加算の施設認定担当医)

瀬山 剛 ( SEYAMA, Go )
瀬山 剛

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:てんかん
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物
・瀬山 剛、石井 大造、武智 昭彦、曾我部 貴士:クモ膜嚢胞に合併した慢性硬膜下血腫の1例. 松山赤十字病院医学雑誌39(1), 43-47, 2014

清水 陽元 ( SHIMIZU, Kiyoharu )
清水 陽元

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:脳神経外科一般
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物

  1. Importance of frailty evaluation in the prediction of the prognosis of patients with chronic subdural hematoma. Shimizu K, Sadatomo T, Hara T, Onishi S, Yuki K, Kurisu K. Geriatr Gerontol Int. 2018 Aug;18(8):1173-1176.
  2. Frequency and Predicting Factors on Chronic Expanding Intracerebral Hematoma in Spontaneous Intracerebral Hemorrhage. Shimizu K, Sadatomo T, Hara T, Ohba H, Yuki K, Kurisu K. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2017 Jul;26(7):1541-1546.
  3. Isolated neurosarcoidosis presenting with multiple cranial nerve palsies. Shimizu K, Yuki K, Sadatomo T, Kurisu K. Surg Neurol Int. 2016 Apr 19;7:44.
  4. [Apixaban-Related Convexal Subarachnoid Hemorrhage:A Case Report]. Shimizu K, Yuki K, Sadatomo T, Hara T, Ohba H, Kurisu K. No Shinkei Geka. 2016 Mar;44(3):239-44.
  5. [A case of solitary fibrous tumor in the sella turcica]. Shimizu K, Tominaga A, Kinoshita Y, Usui S, Sugiyama K, Kurisu K. No Shinkei Geka. 2013 Oct;41(10):883-9.
米澤 潮 ( YONEZAWA, Ushio )
米澤 潮

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:脳腫瘍
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物
・米澤 潮、井川 房夫、浜崎 理、日高 敏和、黒川 泰玄、大沼 秀行:大脳半球円蓋部硬膜に発生した海綿状血管腫の一例-文献的に考察した画像の特徴について. No Sinkei Geka,42(8):731-735,2014

桑原 政志 ( KUWABARA, Masashi )

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:脳血管障害、脳血管内治療
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
・日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
論文・出版物

  1. 桑原 政志,江口 国輝,山口 智,光原 崇文,工田 昌也,武島 幸男,アマティア・V.J.,杉山 一彦,平川 勝洋,栗栖 薫:顔面神経麻痺で発症した錐体骨malignant fibrous histiocytomaの1例.脳神経外科ジャーナル. 22: 306-313, 2013.
  2. Kuwabara M, Sadatomo T, Yuki K, Migita K, Imada Y, Shimizu K, Hara T, Oba H, Kurisu K : The effect of irrigation solutions on recurrence of chronic subdural hematoma: A consecutive cohort study of 234 patients. Neurol Med Chir (Tokyo) 57(5): 210-216, 2017
田口 慧 ( TAGUCHI, Akira )
田口 慧

役職:医科診療医
専門分野:脳神経外科一般
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物
・田口 慧、大庭信二、伊藤陽子、米澤公器、髙橋宏輝:発症から6時間以上経過した脳底動脈塞栓症に対して機械的血栓回収術を施行し改善した1例. 廣島医学: 71(2). 70-76, 2018.
・田口 慧、大庭信二、伊藤陽子、大下純平、米澤公器:舌骨の反復的な刺激により発症した頚動脈狭窄症の1例. 脳神経外科: No Sinkei Geka,46(9):811-818,2018

塩田 大成 ( SHIOTA, Daijo )

役職:医科診療医
専門分野:脳神経外科一般

谷口 洋樹 ( TANIGUCHI, Hiroki )

役職:医科診療医
専門分野:脳神経外科一般

前田 祐吾 ( MAEDA, Yugo )

役職:医科診療医
専門分野:脳神経外科一般

非常勤医師

橋詰 顕 ( HASHIZUME, Akira )
橋詰 顕

専門分野:脳磁図
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物
・Akira Hashizume, Naruto Hironaga. Principles of Magnetoencephalography. In Clinical Applications of Magnetoencephalography Shozo Tobimatsu, Ryusuke Kakigi (Eds) Springer 2016
・Akira Hashizume et al. Novel Software for Performing Leksell Stereotactic Surgery without the Use of Printing Films Neurol Med Chir (Tokyo) 2016
・Koji Iida, Akira Hashizume, Hiroshi Otsubo. MEG and magnetic source imaging in MRI-negative refractory focal epilepsy. In MRI-Negative Epilepsy. Elson L. So, Phillippe Ryvlin (Eds). Cambridge University Press 2015
・Akira Hashizume, et al. Development of a freeware for analysis of neuromagnetic epileptic discharges. Hiroshima J Med Sci. 2010

岡村 朗健 ( OKAMURA, Akitake )
岡村 朗健

専門分野:てんかん、脳磁図
資格
・日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
論文・出版物

  1. 岡村 朗健、川本 行彦、吉岡 宏幸、村上 太郎、米澤 公器:慢性硬膜下血腫に対する経皮的硬膜下穿刺での血腫初圧と再発率.脳神経外科ジャーナル. 21: 330-334, 2012.
  2. 岡村 朗健、川本 行彦、吉岡 宏幸、村上 太郎、米澤 公器:高齢化が進む中での慢性硬膜下血腫の治療.脳神経外科ジャーナル. 21: 743, 2012.
  3. 岡村 朗健、川本 行彦、吉岡 宏幸、村上 太郎、米澤 公器:合成吸収性人工硬膜による異物反応の1例.脳神経外科速報. 22: 1064-1069, 2012.
  4. 岡村 朗健、川本 行彦、吉岡 宏幸、村上 太郎、米澤 公器:MRSが鑑別診断に有効であった脳アミロイド血管症関連炎症の1例.脳卒中. 35: 97-102, 2013.
  5. 岡村 朗健、川本 行彦、迫田 英一郎、村上 太郎、原 健司:頭蓋内椎骨動脈の窓形成に伴う未破裂嚢状脳動脈瘤に対し血管内治療を行った1例.J Neuroendovascular Ther. 7: 275-280, 2013.
  6. Okamura A, Kawamoto Y, Sakoda E, Murakami T, Hara T: Evaluation of recurrence factors and Gorei-san administration for chronic subdural hematoma after percutaneous subdural tapping. Hiroshima J Med Sci. 62: 77-82, 2013.
  7. 岡村 朗健、川本 行彦、迫田 英一郎、村上 太郎、原 健司:もやもや病に生じた前脈絡叢動脈末梢の脳動脈瘤に対して選択的コイル塞栓術を行った1例.脳神経外科.42: 437-444, 2014.
  8. Okamura A, Nakaoka M, Ohbayashi N, Yahara K, Nabika S: Intraoperative idiopathic subarachnoid hemorrhage during carotid artery stenting: A case report and literature review. Interv Neuroradiol. 21: 592-7, 2015.
  9. Okamura A, Nakaoka M, Ohbayashi N, Yahara K, Nabika S: Intraoperative cone-beam computed tomography contributes to avoiding hypoglossal nerve palsy during transvenous embolization for dural arteriovenous fistula of the anterior condylar confluence. Interv Neuroradiol. 22: 584-9, 2016.
  10. Okamura A, Kuroki K, Shinagawa K, Yamada N: Simple aspiration with balloon catheter technique (simple ABC technique) against proximal internal carotid artery occlusion in cases of cardiogenic cerebral embolism. Interv Neuroradiol. 2018 Jan 1:1591019917753823. [Epub ahead of print]

(2019年5月更新)

外来担当医師ページへ戻る


up