眼科スタッフ

木内 良明 ( KIUCHI Yoshiaki )
木内 良明

役職:眼科長、教授
専門分野:緑内障・小児眼科
資格
・日本眼科学会眼科専門医・指導医
論文・出版物:研究者総覧

近間 泰一郎 ( CHIKAMA Taiichiro )
近間 泰一郎

役職:診療教授
専門分野:角膜・オキュラーサーフェス
資格
・日本眼科学会眼科専門医・指導医
・日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
論文・出版物:研究者総覧
結節性硬化症包括的診療グループ(TSCHUB)メンバー

廣岡 一行 ( HIROOKA Kazuyuki )
廣岡 一行

役職:診療教授
専門分野:緑内障
資格
・日本眼科学会眼科専門医・指導医
論文・出版物:研究者総覧

原田 陽介 ( HARADA Yousuke )

役職:講師
専門分野:ぶどう膜炎、網膜・硝子体
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物:研究者総覧

末岡 健太郎 ( SUEOKA Kentaro )

役職:寄附講座助教(医療のためのテクノロジーとデザインシンキング寄附講座)
専門分野:眼形成・涙道
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物:研究者総覧

福戸 敦彦 ( FUKUTO Atsuhiko )
福戸 敦彦

役職:助教
専門分野:角膜
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物:研究者総覧

日山 知奈 ( HIYAMA Tomona )

役職:助教
専門分野:眼科一般
論文・出版物:研究者総覧

水野 優 ( MIZUNO Yu )

役職:助教(広島臨床研究開発支援センター)
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物:研究者総覧

小松 香織 ( KOMATSU Kaori )

役職:助教
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物:研究者総覧

三笘 香穂里 ( MITOMA Kaori )

役職:診療講師
専門分野:角結膜
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・Mitoma K, Chikama T, Toda R, Yuasa Y, Kiuchi Y: Usefulness of smear microscopy for therapeutic decision-making in patients with infectious keratitis. Japanese journal of ophthalmology. 2023 Jul 13. doi: 10.1007/s10384-023-01011-9. Online ahead of print.
・難治性角膜潰瘍の診断と治療. Monthly Book OCULISTA. 59: 67-75, 2018年
・角結膜の創傷治癒. 専門医のための眼科臨床クオリファイ 30眼の発生と解剖・機能. 144-152, 2016年
・放射状角膜切開術とLaser in Situ Keratomileusis併施後の視力低下に対するハードコンタクトレンズによる視力矯正. 日本コンタクトレンズ学会誌 55:34-38,2013年
・デング熱後に両眼視神経症を発症した1例 臨床眼科 64(7) 1131-1134、2010年
・線維柱帯切除術後早期の濾過胞からの房水漏出に対し高分子量ヒアルロン酸ナトリウムの高濃度製剤の濾過胞内注入を行った2例 あたらしい眼科 26(7) 969-972、2009年

定秀 文子 ( SADAHIDE Ayako )

役職:診療講師
専門分野:網膜・PDT
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・『線維柱帯切除術後の遷延性脈絡膜剥離に対して白内障手術が効果的であったと思われる2症例3眼』あたらしい眼科 30(8) 1174-1176 2013

徳毛 花菜 ( TOKUMO Kana )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・Tokumo K, Okada N, Onoe H, Komatsu K, Masuda S, Okumichi H, Hirooka K, Asaoka R, Kiuchi Y: Ex-press implantetion versus trabeculctomy for long-term maintenance in patients with open-angle glaucoma. Clin Ophthalmol. 2023 Aug 28; 1: 2525-2537. doi: 10.2147/OPTH.S419765.
・Tokumo K, Komatsu K, Yuasa Y, Murakami Y, Okumichi H, Hirooka K, Nakakura S, Tabuchi H, Kiuchi Y: Treatment outcomes in the neovascular glaucoma tube versus trabeculectomy study. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. Springer-Verlag, 2021.6.14
・第32回 右顔面打撲後から見えにくい!.レジデントノート.20(4):988-989.2018
・第29回 眼脂と充血でつらい.レジデントノート.20(1):134-135.2018
・第28回 飼い犬に眼瞼を噛まれた.レジデントノート.19(18):134-135.2018
・第25回 殴られて視力が下がった.レジデントノート.19(13):2316-2317.2017
・第24回 眼と瞼が真っ赤.レジデントノート.19(12):2180-2181.2017
・第22回 目頭が痛い.レジデントノート.19(9):1662-1663.2017
・第19回 外傷後から二重に見える.レジデントノート.19(4):722-723.2017
・「眼科」眼が痛い.治療.99(3):345-349.2017
・アミロイド緑内障に対するチューブ手術.眼科手術.29(4);685–689.2016

大原 裕美 ( OHARA Hiromi )留学中

役職:診療講師
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・Ohara H, Harada Y, Hiyama T, Sadahide A, Minamoto A, Kiuchi Y: Faricimab for Diabetic Macular Edema in Patients Refractory to Ranibizumab or Aflibercept. Medicina. 2023 Jun 11; 59(6): 1125. doi: 10.3390/medicina59061125.
・Ohara H, Yuasa Y, Harada Y, Hiyama T, Sadahide A, Minamoto A, Hirooka K, Kiuchi Y: DRAINAGE RETINOTOMY IS A RISK FACTOR FOR SURGICAL FAILURE AFTER PARS PLANA VITRECTOMY IN PATIENTS WITH PRIMARY UNCOMPLICATED RHEGMATOGENOUS RETINAL DETACHMENT. Retina. 2022 Dec 1; 42(12): 2307-2314. doi: 10.1097/IAE.0000000000003608.
・Ohara H, Harada Y, Hiyama T, Yamane K, Higaki M, Kobayashi T, Ikegami Y, Yuasa Y, Kiuchi Y: Incidence of ocular inflammation among patients with active tuberculosis or nontuberculous mycobacterial infections in a tertiary hospital in Japan. International Ophthalmology , 17(29), 2021.1.21
・陽子線治療がSturge-Weber症候群に伴うびまん性滲出性網膜剥離に有効であった1例: 日本眼科学会雑誌. 124(5): 432-440, 2020.5.10

尾上 弘光 ( ONOE Hiromitsu )

役職:診療講師
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・Onoe H, Hirooka K, Nagayama M, Hirota A, Mochizuki H, Sagara T, Suzuki K, Okumichi H, Kiuchi Y: The Efficacy, Safety and Satisfaction Associated with Switching from Brinzolamide 1% and Brimonidine 0.1% to a Fixed Combination of Brinzolamide 1% and Brimonidine 0.1% in Glaucoma Patients. Journal of clinical medicine. 2021 Nov 10; 10(22): 5228. doi: 10.3390/jcm10225228.

江戸 彩加 ( EDO Ayaka )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
論文・出版物
・Edo A, Nakamura-Shibasaki M, Tamura T, Hirooka K, Kiuchi Y: Aqueous Flare Changes in Ex-PRESS Glaucoma Shunt Eyes After 4.7 Tesla High-Field Magnetic Resonance Imaging. Transl Vis Sci Technol. 2023 2023 May 1; 12(5): 3. doi: 10.1167/tvst.12.5.3.
・Edo A, Ibrahim DG, Hirooka K, Toda R, Kamaruddin MI, Kawano K, Nagao A, Ohno H, Yoneda M, Kiuchi Y: Dietary Vitamins A, C, and Potassium Intake Is Associated With Narrower Retinal Venular Caliber.  frontiers in Medicine. 2022 February 10. doi.org/10.3389/fmed.2022.818139.
・Edo A, Pertiwia YD, Hirooka K, Masuda S, Kamaruddin MI, Yanagi M, Nagao A, Ohno H, Yoneda M, Kiuchi Y: Association of Dietary Nutrient Intake with Early Age-Related Macular Degeneration in Japanese-Americans. Metabolites. 2021 September 30; 11(10): 673. doi.org/10.3390/metabo11100673.
・Edo A, Sugita S, Futatsugi Y, Sho J, Onishi A, Kiuchi Y, Takahashi M: Capacity of Retinal Ganglion Cells Derived from Human Induced Pluripotent Stem Cells to Suppress T-Cells. Int J Mol Sci, 21(21): E7831, 2020.10.22.
・Edo A, Jian K, Kiuchi Y: Risk factors for exposure of Baerveldt glaucoma drainage implants: a case-control study. BMC ophthalmology, 20(1): 364, 2020.9.10.
・Edo A,Harada Y, Kiuchi Y: Usefulness of B-scan ocular ultrasound images for diagnosis of optic perineuritis.Am J Ophthalmol Case Rep. 12 45-48 2018.8.29.
・外国誌要覧: 日系アメリカ人における栄養摂取量と加齢黄斑変性の関係. 日本眼科学会雑誌. 126(6) 608 2022.6.10
・外国誌要覧: ヒト iPS 細胞由来の網膜神経節細胞は T 細胞を抑制する. 日本眼科学会雑誌. 125(3) 326 2021.3.10

舩越 俊輔 ( FUNAKOSHI Shunsuke )
舩越 俊輔

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
資格
・日本眼科学会眼科専門医
論文・出版物
・Funakoshi S,Yoshikawa T, Harada Y, Chikama T, Kiuchi Y. : Absence of the foveal avascular zone in a nanophthalmic child revealed by optical coherence tomography angiography. Am J Ophthalmol Case Rep. 2018.11

岡田 尚樹 ( OKADA Naoki )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
資格
・日本専門医機構認定眼科専門医
論文・出版物
・Okada N, Hirooka K, Onoe H, Okumichi H, Kiuchi Y: Comparison of Mid-Term Outcomes between Microhook ab Interno Trabeculotomy and Goniotomy with the Kahook Dual Blade. Journal of Clinical Medicine. MDPI, 2023 Jan 10; 12(2): 558 . doi: 10.3390/jcm12020558.
・岡田尚樹, 原田陽介, 小林隆幸, 池上靖彦, 木内良明: 結核性リンパ節炎の治療中に増悪した結核性ぶどう膜炎の一例: 眼科臨床紀要. 15(7):471-476, 2022.7.15
・全層角膜移植術後に感染症を生じた6例6眼の検討: 臨床眼科. 76(3): 299-306, 2022.3.15
・Okada N, Hirooka K, Onoe H, Murakami Y, Okumichi H, Kiuchi Y: Comparison of Efficacy between 120° and 180° Schlemm’s Canal Incision Microhook Ab Interno Trabeculotomy. Journal of Clinical Medicine. MDPI, 10(14): 3181, 2021.7.19

津村 諒 ( TSUMURA Ryo )留学中

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
資格
・日本専門医機構認定眼科専門医
論文・出版物
・浸潤型蝶形骨洞アスペルギルス症による死亡例と生存例: あたらしい眼科. 39(9): 1256-1260, 2022.9.30

馬場 太郎 ( BABA Taro )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
資格
・日本専門医機構認定眼科専門医
論文・出版物
・術後早期に角膜移植片の内皮面に線維化が生じた1例: 日本眼科学会雑誌. 126 (5): 533-539, 2022.5.10
・Baba T, Hirooka K, Yuasa Y, Ihara N, Takenaka J, Okumichi H, Kiuchi Y: Photodynamic therapy for radiation maculopathy: A case report.Medicine (Baltimore). 2021 Apr 9; 100(14): e24888. doi: 10.1097/MD.0000000000024888.
・Baba T, Hirooka K, Nii H, Kiuchi Y: Responsiveness to ripasudil may be a potential outcome marker for selective laser trabeculoplasty in patients with primary open-angle glaucoma. Sci Rep. 2021 Mar 12; 11(1): 5812. doi: 10.1038/s41598-021-85271-w.

皆本 瑛 ( MINAMOTO Akira )

役職:クリニカルスタッフ
専門分野:眼科一般
資格
・日本専門医機構認定眼科専門医
論文・出版物
・Minamoto A, Harada Y, Hiyama T, Ohara H, Kiuchi Y: Two Cases of Atopic Dermatitis Patients With Scleral Perforation After Recurrent Scleritis Induced by Scleral-Sutured Posterior Chamber Intraocular Lens Implantation. Cureus. 2023 Jun 8; 15(6): e40153. doi:10.7759/cureus.40153.
・角膜内皮移植後にみられた角膜後面白色魂から酵母様真菌が検出された1例: 日本眼科学会雑誌. 125(4): 452-458, 2021.4.10

細川 亮 ( HOSOKAWA Ryo )留学中

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
論文・出版物
・Schnyder角膜ジストロフィに対して治療的表層角膜切除術(PTK)を施行し良好な結果を得た1例: 眼科手術. 35(3): 462-466, 2021.10.30

都 史哉 ( MIYAKO Fumiya )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般
論文・出版物
・Miyako F, Hirooka K, Onoe, H, Okada N, Okumichi H, Kiuchi Y: Transient ciliochoroidal detachment after microhook ab interno trabeculotomy: Its frequency and potential risk factors. Frontiers in Medicine(Lausanne). 2022 Nov 4; 9: 1028645. doi.org/10.3389/fmed.2022.1028645.
・Miyako F, Kiuchi Y, Onoe, H, Okada N, Okumichi H, Hirooka K: A Case of Intraocular Proliferative Changes Caused by a Glaucoma Tube Device. CUREUS JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE. 2022 Jun 30; 14(6): e26445. doi: 10.7759/cureus.26445.

木原 彗太 ( KIHARA Keita )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般

河野 慎太郎 ( KOHNO Shintaro )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般

奈良井 清夏 ( NARAI Seika )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般

村田 圭吾 ( MURATA Keigo )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般

柴田 沙矢加 ( SHIBATA Sayaka )

役職:医科診療医
専門分野:眼科一般

(2024年2月更新)

外来担当医師ページへ戻る


up