陸域生物圏フィールド科学

研究内容紹介

人と動物と自然との共存を目指して、陸域のフィールドに根ざした調査研究を行っている。

1)人と動物の関係の向上を目指した人間動物関係学
人と動物との豊かな生活の創成に貢献することを目指して、人と関わりの深い動物(家畜・伴侶動物・野生動物)の 行動・認知能力に関する研究、子供の心を育む動物介在教育と家畜介在型食農教育に関する研究、イノシシなどの野生動物の生態と農作物被害に関する研究、家畜生産における動物の福祉に関する研究などを行っている(谷田)。

2)乳牛・肉牛生産の飼料自給率向上
家畜糞尿の積極的活用により、物質循環に基づいた生産性の高い飼料生産システム(放牧を含む)を構築して、乳牛と肉牛の飼料自給率の向上を実現する技術開発に貢献する(黒川)。

3)家畜の健康管理を通して個体および群全体の生産性を向上させる(沖田)。

キーワード

人間動物関係学,動物介在教育,野生動物管理,物質循環,飼料生産システム,乳牛の肉牛の自給飼料,家畜の健康管理,農産物流通

 

 

中山間地で撮影されたイノシシの母系家族

中山間地で撮影されたイノシシの母系家族

黒毛和牛の放牧風景

黒毛和牛の放牧風景

最近の業績

Tanida, H., Koba, Y., Rushen, J., and de Passile, A. M.,(2011). Use of three-dimensional acceleration sensing to assess dairy cow gait and the effects of hoof trimming. Animal Science Journal, doi: 10.1111/j.1740-0929.2011.00903.x.

谷田 創, 池上小百合, 木場有紀,(2010).広島県中山間地におけるイノシシ被害対策としての里守犬導入の試み.地理科学,65: 194-204.
木場有紀, 坂口実香, 村岡里香, 小櫃剛人, 谷田 創,(2009).広島県呉市上蒲刈島におけるイノシシの食性,哺乳類科学,49(2),207-215.

谷田 創, 木場有紀,(2014).保育者と教師のための動物介在教育入門. 岩波書店, 208pp.

KOBA, Y., MUNKSGAARD, L., PEDERSEN, L., and TANIDA, H., 2009. Ability of heifers to discriminate between familiar herdmates and members of an unfamiliar group: preference test and operant conditioning test. Animal Science Journal, 80(1),98–103.

Yuzo Kurokawa, Hiroko Shibata, Shoko Tateno, Shuhei Kanda, KazukiTakaura, Souichi Ishida and Hisao Itabashi. (2013) Rumen fermentation, milk production and conjugated linoleic acid in the milk of cows fed high fiber diets added with dried distillers grains with solubles. Animal Science Journal 84: 106-112.

Gotoh T, Kaneko M, Kurokawa Y, Tanaka H, Suzuki S and Kanda S. (2011) Soil solution nitrogen concentrations in a Japanese lawngrass (Zoysia japonicaSteud.) and a tall fescue (FestucaarundinaceaSchreb.) pasture under cattle grazing. Grassland Science 57: 225-230.

Shibata H., Hashizume N., Gazi M. R., Sera K., Kato E., Ohmori T., Kanbe M., Obara Y., Kanda S., Kurokawa Y. and Itabashi H. (2011) Effect of supplementation of soy sauce oil and Ca salts of fatty acids on rumen fermentation, milk production and conjugated linoleic acid in milk of dairy cows. Animal Science Journal 82: 554-559.

青海・金子真・黒川勇三・鎌田壽彦・板橋久雄. 2010. シバ(Zoysia japonicaSteud.)草地と寒地型草地における放牧黒毛和種繁殖雌牛のルーメン内容液性状の比較.日本草地学会誌 56, 131‐136.

森元真理・木場有紀・谷田創(2012) 広島県下の幼稚園におけるウサギの飼育管理に関する調査 —主成分分析を用いたウサギの飼育管理状況の評価—.ヒトと動物の関係学会誌.32(8月発行予定)

森元真理・三上崇徳・木場有紀・谷田創(2011)広島県下の幼稚園における動物介在教育に関する研究―ニュースレターの配布を通して教師の動物飼育に対する意識の向上を図る試み―.科学教育研究.35(2):179-190.

堀見敏洋・木場有紀・三上崇徳・森元真理・谷田創(2009)広島県の私立幼稚園におけるウサギの飼育状態に関する調査.こども環境学会誌.13: 88−93.

三上崇徳・木場有紀・堀見敏洋・森元真理・谷田創(2008)広島県下の私立幼稚園における動物飼育に関するアンケート調査.Animal Nursing.13: 55-61.

スタッフ

教授 谷田 創   
准教授 黒川 勇三  
助教 沖田 美紀

 

 

>> 研究室のホームページへ


up