水圏資源生物学

研究内容紹介

瀬戸内海から南九州の亜熱帯水域までの西日本海域をフィールドに、魚介類の再生産機構や生活史を詳細に分析する調査・研究を進めている。これによって資源生物の有効利用に貢献することを目指している。

1) 浅海魚類の社会構造や繁殖戦略を個体レベルで明らかにする行動生態学的研究を行っている。性転換魚類や、陸上生活能力をもつ魚類を材料に、鹿児島県口永良部島と呉市倉橋島のフィールドで野外調査研究を進めている。また、瀬戸内海水域の魚介類を材料に、成長・成熟パターンなど生活史の解明を主眼とした個体群生態学・資源生物学的研究も行っている(坂井)。

2) 沿岸性魚介類の生活史および生物生産の時空間的変異に着目し、生物の種間関係や環境との相互作用が及ぼす影響について研究を進めている(冨山)。

キーワード

社会構造,繁殖戦略,生活史,沿岸漁業

 

 

愛媛県松山沖のイカナゴ漁業調査

愛媛県松山沖のイカナゴ漁業調査

魚類潜水調査の様子

魚類潜水調査の様子

最近の業績

Shimizu, N., Y. Sakai, H. Hashimoto & K. Gushima(2006)Terrestrial reproduction by the air-breathing fish Andamia tetradactyla (Pisces; Blenniidae) on supralittoral reefs. Journal of Zoology (London) 269: 357-364.

Yoshita, Y., Y. Yamanoue, K. Sagara, M. Nishibori, H. Kuniyoshi, T. Umino, Y. Sakai, H. Hashimoto, K. Gushima (2009) Phylogenetic relationship of two Mola sunfishes (Tetraodontiformes: Molidae) occurring around the coast of Japan, with notes on their geographical distribution and morphological characteristics. Ichthyological Research 56: 232-244.

Kadota, T., J. Osato, K. Nagata, Y. Sakai (2011) Reversed sex change in the haremic protogynous hawkfish Cirrhitichthys falco in natural conditions. Ethology 118: 1-9.

B. Barros, Y. Sakai, H. Hashimoto, K. Gushima, M. Vallinoto (2012) ‘Better off alone than in bad company’: agonistic colour display in mimetic juveniles of two ephippid species. Journal of Fish Biology 81:1032–1042

Tomiyama T (2012) Seasonal and ontogenetic diet shift in juvenile stone flounder Platichthys bicoloratus. Journal of Fish Biology 81:1430-1435.

スタッフ


up