がん治療センターとは

ごあいさつ
広島大学病院がん治療センター長の写真

広島大学病院がん治療センターが大きく生まれ変わったことをお知らせいたします。
平成25年に閣議決定されたがん対策基盤推進計画に基づくがん対策の新しい指針にそって、広島県都道府県がん診療連携拠点病院である広島大学病院がさらに 円滑に活動するため、がん治療センターは組織改変を行いしました。成人がん部門、小児がん部門、緩和ケア部門を当センターの中心組織とし、各診療科で治療 を行う悪性度の高い腫瘍に罹患した患者さんを病院全体としてサポートする体制を整えました。ホームページも一新し、このたびアップロードする運びとなりま した。このホームページは院内の医療従事者だけでなく、患者さんとそのケアギバー(ご家族を中心とした支える方々)にもご利用いただけるよう、広島大学病 院の各種腫瘍の治療部門を紹介し、その標準治療や治療成績を調べることができるよう作成されています。また、広島県や国立がん研究センターのご協力を得る ことにより、広島県や全国における同様の事項も検索できるよう工夫を施しております。腫瘍治療のポータルサイトとしてご利用いただければ幸いです。
以下の組織図にも提示しているとおり、当センターは成人がん部門、小児がん部門、緩和ケア部門と病院内の関連組織である患者支援センターが有機的に活動していくことで、がん患者さんとケアギバーの生活の質を向上させることをミッションとしております。
成人がん部門は広島大学病院で扱う薬物治療(化学療法)の適正な運用を図ったり、治療に随伴する悪心・嘔吐の管理、分子標的薬に特異的な皮膚症状の管理 チームでの治療、また、外来化学療法部門である化学療法室円滑な運用を行って参りました。今後はこれらの活動をさらに促進するとともに、数診療科単位で 行ってきた各臓器別の腫瘍カンファレンスを病院全体に拡大し、医師だけではなく、薬剤師、看護師、心理師、事務部門等の他職種も参加できるようにする、 オープン化を一層進めてまいります。
緩和ケア部門は従来入院患者さんを主な対象としてきましたが、その範囲を外来部門に大きく広げ、がん治療の早期段階から患者さんとの関わりを深めて、がんと告知されたことへの精神的ケアから疼痛や呼吸苦などの身体的ケアまできめ細かく対応して参ります。
平成25年より当院は小児がん拠点病院に選定されました。小児がん部門は小児がん拠点病院活動の中核をなす部門です。詳細は当院の「小児がん拠点病院」 をご覧ください。広島大学病院がん治療センターは小児がん患者さまとそのケアギバーに対して、積極的な支援をして参ります。特に、小児がん経験者(治療が 奏効し、長期生存している方々)に安心して通院継続ができるよう万全の体制をご提供いたします。広島大学病院がん治療センターは広島大学での包括的がん治 療を提供するとともに、広島県都道府県がん診療連携拠点病院としてがん医療に関係するすべての問題を支援できるように努力をしてまいります。ご協力をよろ しくお願い申し上げます。

広島大学病院がん治療センター センター長 
広島大学病院がん化学療法科 教授
杉山 一彦 

がん治療センター 組織図

がん治療センター 組織図


up