「人生100年時代を生きるご長寿セミナー」を開催しました

12月6日、「人生100年時代を生きるご長寿セミナー」を広島市内で開催しました。
このセミナーは広島大学が広島銀行と遺贈(遺言による寄附)に関する協定を締結したことを機に、共同で企画したものです。

当日は、広島大学病院総合診療科の田妻進教授による「よい医師へのかかり方」の講演、本学法学部の卒業生で一般社団法人人生安心サポートセンターきらりの橋口貴志理事長による「長寿時代に備える成年後見制度と遺言」の講演が行われました。

あいにくの雨にもかかわらず、69人もの方々にご来場いただき、講演後にも活発な質疑応答が行われ、改めて関心の高さがうかがわれました。更なるセミナー開催の要望も多数寄せられました。

田妻進教授による講演

橋口貴志理事長による講演

【お問い合わせ先】

広島大学基金室(082-424-6132)
※広島市内から掛けられる場合は市外局番が必要です


up