講師 葛 虹(カツ コウ、GE HONG)

研究分野、研究テーマ

中国法、情報プライバシー法

経歴

1996年7月、中国政法大学大学院 修士(法学)取得

2005年9月、広島大学社会科学研究科 博士(法学)取得

学部の教育内容

1.「中国法」

中国は日本の重要な隣国であり、法律を含め中国に関する知識を正確に把握することは必要です。講義では、中国の憲法、民事法、国際貿易・投資の関連法、知的財産法、環境法、労働法の内容を紹介するほか、日本法との異同も言及します。中国法というフィルターを通じて、日本法に対する理解を深めることを目標としています。

2.「日本法入門1、2」

学部の交換留学生、3+1プログラムの中国人留学生向けの科目です。日本法の基本的なルールの分析、基礎概念の習得によって、日本法に対する理解能力及び日中間の法律文書の翻訳能力を養成することを目標としています。

大学院の教育内容

大学院の授業に関しては、日本法の初心者である留学生向けの「日本法概説1、2」を担当しています。日本法の基礎概念及びその背景にある価値観の理解、日本の法令の分析、判例及び法学論文の講読を通じて、比較法研究の能力を養成することを目標としています。

最近の研究について

情報プライバシー権について、日本法、アメリカ法、EU法の比較研究を行っています。主に国境を越えた個人データの移動をめぐる問題、刑事捜査手続における電子監視活動問題(プライバシーの合理的期待と第三者理論)を中心に研究しています。


up