大学院生の国際学会支援

大学院医系科学研究科海外発表支援金募集要項及び広島大学基金による日本人大学院生海外発表支援金

趣旨

研究の活性化を図るため、大学院生が研究成果を国際学会で発表する場合、選考を経て学会参加費及び渡航費の全部又は一部を支援金として支給するものです。

対象者

前期は4月1日~9月30日、後期は10月1日~3月31日に、日本国外で開催される国際学会に参加する、本研究科(医歯薬学保健学研究科、医歯薬学総合研究科及び保健学研究科を含む。)に所属する大学院生(常勤職員又は教員である者を除く。)で、口頭発表あるいはポスター発表の筆頭演者(共同演者を除く。)。

支援内容

一人あたり以下の金額を限度額とし、学会参加費及び渡航費への支援とする。
 東アジア地域、東南アジア地域(注)での学会 … 5万円、その他の地域での学会 … 10万円
各研究室、関係学会及び他の財団等から援助がある場合は、本支援金制度との重複受給は認めない。
 ただし、研究室等の経費で支出済のものの一部又は全部を当該支援金に振り替えること、および支援額(5万円または10万円)を超える部分について研究室等の経費から支援を受けることは可能とする。

  ※詳細は、各期の募集要項をご確認ください。

参加学生の声


up