保護者の方へ

  • ホームHome
  • 保護者の方
  • 広島大学は東広島市と共同で6月21日から本学学生、教職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始します

広島大学は東広島市と共同で6月21日から本学学生、教職員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を開始します

東広島市 高垣広徳市長(左)、広島大学 越智光夫学長(右)

東広島市 高垣広徳市長(左)、広島大学 越智光夫学長(右)

広島大学は2021年6月4日、東広島市と共同で広島大学の学生、教職員を対象としたワクチンの大規模接種を6月21日から開始することを発表しました。
発表会見には広島大学から越智 光夫学長、俵 幸嗣理事(財務・総務担当)、田中 純子理事・副学長(霞地区・教員人事・広報担当)、木内 良明大学病院長、大毛 宏喜大学病院副院長が出席。東広島市からは高垣 広徳市長、片岡 隆夫こども未来部長が出席しました。

ワクチン接種の対象となるのは、広島大学に在籍する学生、教職員の計約18,000人で希望者の予約制とします。東広島キャンパスの西体育館を会場として使用します。東広島市は会場の設営や受付を担当、大学からは医師、歯科医師、看護師、薬剤師等毎日約20人を派遣し、問診・接種・経過観察やワクチン管理を行います。1日当たりの接種人数は土・日曜2000人、平日500人の見込みです。

会見で越智学長は「国と地元自治体の要請に応えて、東広島市と共同でワクチンの大規模接種をしたいと考えました。広島大学は国立大学の使命を果たし、コロナ禍によって危機的な状況にある国及び地域の医療に貢献するため、今後も引き続き、率先した取り組みを行ってまいります」と力を込めました。高垣市長も「東広島市の人口の約1割を占める広島大学の接種により、本市のワクチン接種は大幅に前進することになる」と期待を述べました。

広島大学病院で行われた記者会見

広島大学病院で行われた記者会見

【お問い合わせ先】
広島大学副理事(広報担当)

E-mail:friji-koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up