広島大学共同研究講座制度のご案内

共同研究講座の狙い

「共同研究講座」は、企業などと大学が共同で広島大学内に研究講座を設置する制度です。教員と企業の研究者が対等な立場で共通の課題について共同して研究を行うことにより、出口を見据えた優れた研究成果が生まれることを促進する制度です。
本学は、この制度を導入することにより、産学協働の研究拠点を大学内に長期的に確保し、研究活動の更なる充実と産業界への一層の貢献を目指しています。

ねらい

共同研究講座設置のメリット

共通のメリット

  • 共同研究を行う研究者同士や、大学の他の研究者との日常的な連携が増進され、対象テーマへの幅広い知の集中、研究の加速、適確な社会的ニーズの把握が可能になります。
  • 必要な研究や開発に対して、外部資金を連携して獲得しやすくなります。

企業のメリット

  • 企業の事業戦略、製品戦略、技術戦略に基づいた研究を、フレキシブルに推進することができます。
  • 大学保有の施設や設備を利用しやすくなります。
  • 企業と大学の人材交流が深まり、人材育成に有効です。
  • 将来の事業の芽を育てる導入的な研究も、大学との共同研究講座であれば、取り組みやすくなります。
  • 企業研究者が出向等の形で共同研究講座に参加する等フレキシブルな人材活用が可能です。

共同研究講座制度概要

研究分野 人文・社会科学、生命科学、理学・工学等の全ての分野、またはこれらを通じた学際的領域が研究対象。本学の研究科、附置研究所、病院等どの部局でも設置可能。
名称 設置する部局によって「○○共同研究講座」か「○○共同研究部門」とする。
共同研究の内容などに相応した適切な名称とし、出資企業の意向を踏まえ企業名が明らかになる名称を付けることもできる。
構成 研究講座は、教授相当、准教授相当または助教相当の常勤または定時勤務の教職員(特任教員)1人以上から構成。その他に必要により、兼任の教員などが参加可能。
設置場所 設置部局が認めた広島大学構内。
設置期間 2年から5年とし、延長も可能。
研究経費 研究経費として、従来の共同研究で必要な費用(設備費、消耗品費、旅費等)の他に、講座設置場所の使用料および研究スタッフの人件費や知的財産の維持管理費等を企業等に負担いただく。

 

他制度との違い

寄附講座では大学主体による大学運営。従来の共同研究では個別課題の研究に留まる。

 

  共同研究講座 共同研究 寄附講座
主な活動 研究(教育) 研究 研究(教育)
専任教員 あり なし あり
経費 共同研究費 共同研究費 寄附金
資金提供元への
成果物の還元
あり あり なし

 

共同研究講座・設置の手続き

てつづき

広島大学共同研究講座及び共同研究部門規則

実績

お問い合わせ

広島大学 産学・地域連携センター

〒739-8511 東広島市鏡山一丁目3番2号(本部棟2F)
TEL:082-424-4302
FAX:082-424-6189
E-mail:techrd@hiroshima-u.ac.jp (@は全角です)


up