• ホームHome
  • 社会・産学連携
  • 医歯薬保健学研究科博士後期課程3年・石原裕輝さんが「2019年度キャンパスベンチャーグランプリ中国大会」で最優秀賞を受賞しました

医歯薬保健学研究科博士後期課程3年・石原裕輝さんが「2019年度キャンパスベンチャーグランプリ中国大会」で最優秀賞を受賞しました

2020年1月22日、「2019年度キャンパスベンチャーグランプリ中国大会」の表彰式が広島市内で行われ、本学医歯薬保健学研究科博士後期課程3年の石原裕輝さんが最優秀賞(中国経済連合会会長賞)を受賞したほか、総合科学部4年の川村優佳さんが優秀賞(広島ガス賞)、医歯薬保健学研究科博士課程4年の小畠玲子さんが優秀賞(エネルギア中国電力賞)、社会科学研究科博士課程前期1年の山本笑里花さんが特別賞(中国経済産業局長賞)を受賞しました。

今回最優秀賞を受賞した石原さんは、メンタルヘルス(心の健康)の普及に向け、企業で働く労働者にVR(仮想現実)機器を用いて呼吸法や瞑想などで心を整えるマインドフルネスを提供する事業を提案。
マインドフルネスは、不安の解消や集中力の向上に寄与するほか、うつ病などの精神疾患の治療として取り入れられるなど世界で導入が進んでいます。この事業ではVRを用いることで、専門家がいなくても企業がマインドフルネスに取り組める環境を提供することを目指しています。

石原さんは最優秀賞の受賞を受けて、「このような栄えある受賞を果たし、光栄に思います。近年、メンタルヘルスへの対策は日本における喫緊の課題です。本事業が少しでも多く方の健康に貢献できればと思います。4月のα版リリースに向けて、今後も開発を続けていきます」とコメント。

今後は、2月17日に開催される「2019年度キャンパスベンチャーグランプリ全国大会」に出場する予定です。

最優秀賞に輝いた石原さん

『どこでもマインドフルネスVR』に
ついて説明する石原さん

受賞内容 提案テーマ 氏名 所属
最優秀賞
(中国経済連合会会長賞)
どこでもマインドフルネスVR
労働者に最適なメンタルヘルスを
石原 裕輝 医歯薬保健学研究科
博士後期課程3年
優秀賞
(広島ガス賞)
「ねこたま」
スマホ依存から全ての人を救うサービス
川村 優佳 総合科学部4年
優秀賞
(エネルギア中国電力賞)
チタン多孔体による植物栽培計画 小畠 玲子 医歯薬保健学研究科
博士課程4年
特別賞
(中国経済産業局長賞)
留学生に対する入学から就職までのサポート 山本 笑里花 社会科学研究科
博士課程前期1年
【お問い合わせ先】
広島大学 学術・社会連携室

〒739-8527 東広島市鏡山2-313
TEL: (082)424-7880   FAX: (082)424-7881
E-mail : vbl*hiroshima-u.ac.jp(*は@に変えてください)


up