広島大学モンゴル研究センター

設置場所:モンゴル・ウランバートル大学(ウランバートル市)

2018年9月3日、広島大学はモンゴル・ウランバートル大学にて、本学18か所目の海外拠点となる広島大学モンゴル研究センターを開所しました。

開所式では、在モンゴル日本大使館及び国際交流基金モンゴル‐日本人材開発センターの方々のご臨席を得て、越智光夫学長とウランバートル大学のサンジャア・バイガルサイハン(Sanjaa Baigalsaikhan)学長などによるテープカットが行われた後、両学長による看板除幕が行われました。

広島大学とウランバートル大学は、2016年11月に大学間交流協定を締結し、広島大学が実施する「日本語日本文化特別研修」でウランバートル大学の学生を受け入れるなど、交流を深めてきました。

本センターの開設を機に、今後の両大学間の更なる交流拡大が期待されます。

関連記事


up