• ホームHome
  • 教育・学生生活
  • (※9/25追記)広大生が、広島市大規模土砂災害の被災地で連日ボランティア活動を行っています

(※9/25追記)広大生が、広島市大規模土砂災害の被災地で連日ボランティア活動を行っています

8月20日未明に広島市で発生した大規模土砂災害の被災地を支援するために、広島大学学生ボランティア団体「OPERATIONつながり」の広島市災害復旧ボランティアチームは、東広島市に居住している広大生を取りまとめ、8月24日から毎日被災地に行き、ボランティア活動を行っています。

実際に現地で活動を行った、メンバー2人にお話を伺いました。

副リーダーの今川さん(工学部3年)は、泥だし作業を行いました。「作業をする場所は、災害ボランティアセンターで割り振りされます。私はある民家の庭や畑で作業をしましたが、土が乾いていたうえに、木片や石が混在していたため、なかなか土を取り除けませんでした」と今川さん。

泥だし作業以外にも、ボランティアセンターの運営補助、聞き込み調査、家財の泥ふきなどの仕事もあり、ボランティアに参加した人に応じて、さまざまな仕事があるそうです。

また、リーダーの青山さん(工学部4年)は、「現地へ向かうバスの中では、被災地でのボランティア経験者が現場での注意事項や体験談を伝えます。初めて参加する広大生が被災された方に迷惑をかけないようにし、限られた時間の中で質の高いボランティアをしたいです」と話してくれました。

なお、活動は9月30日まで連日行う予定です。

リーダーの青山さん(右)と副リーダーの今川さん(左)

日本テレビ「NEWS ZERO」にて、広大生らの活動が紹介されました(9/25追記)。
「広島土砂災害 復旧へ...ボランティアに"大学生の力"」(2014年9月23日)

【問い合わせ先】
広島大学広報グループ

TEL:082-424-4518
E-mail:koho@office.hiroshima-u.ac.jp (※ @は半角@に変換の上、送信してください)


up