西条・酒蔵通りで広大生がジャムのお店をオープン!

 東広島市の西条・酒蔵通りで、杉田奏子さん(教育学部3年)が店長をつとめるジャムのお店が4月にオープンしました。東広島市が空き店舗を貸す「まちなか商店」のテナントを利用して、2018年3月までの期間限定で営業中です。

 店名は、杉田さんの名前にちなんで『奏(かなで)2017』。大崎上島のレモンやみかん、牧場の牛乳を使ったものなど、色とりどりのジャムが並びます。商品の数は約40種類。すべて杉田さんが自ら農園や牧場に足を運んで商品をセレクトしました。お店の看板も、雑貨屋さんのような可愛らしいポップも、杉田さんが手書きで作ったものです。

 将来は起業し、自分のお店を持ちたいという杉田さん。今回の挑戦は、起業志望の若者を応援するコンサルタントの方のサポートにより実現しました。コンサルの方のアドバイスを受けながらも、お店に置く商品選びから内装まで自由に決めさせてもらえるので、「楽しいし、すごく良い経験をさせてもらっています」と杉田さんは語ります。

 ジャム1つ1つに農家さんのこだわりが詰まっているといいます。杉田さんは、お客さんにも味の違いを楽しんでもらいたいと思い、店内に試食コーナーを設けました。「お店はまだまだ進化中。並ぶ商品も店内のレイアウトも、見るたびに変わっていくと思うので、何回も足を運んでもらえたら嬉しいです」と笑顔で話してくれました。

 杉田さんの挑戦はまだ始まったばかりです。酒蔵通りにお越しの際はぜひ『奏2017』へ遊びに来てください。営業は土日祝の午前10時~午後3時まで。

 

ジャムを手に取り、味や食感を丁寧に説明する杉田さん(左)

【お問い合わせ先】
広島大学財務・総務室広報部広報グループ

TEL : 082-424-6131
E-mail: koho*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えてください)


up