本学学生が「平成29年度地域課題研究懸賞論文」の表彰を受けました

出席者らによる記念写真
(前列左から、岩佐さん、倉本さん、高垣東広島市長、今井さん、松井さん、後列右から3人目、 横川さん)

学園都市づくり交流会議(事務局・東広島市企画課)が実施する「平成29年度地域課題研究懸賞論文」で、本学学生6人の論文が優秀な論文として表彰されました。

「地域課題研究懸賞論文」は、東広島市内にある3つの大学(広島大学・近畿大学工学部・広島国際大学)の学生が学術研究活動を促進し、大学と地域が連携したまちづくりの推進に寄与することを目的として実施する事業です。

大学院生や学部学生が、東広島市の地域課題に関する調査・研究活動の成果を論述した研究論文で、学識者の審査が行われ、表彰対象者を決定されています。

表彰式は平成30年3月19日、東広島市役所において行われ、高垣東広島市長から表彰状を授与された後、それぞれの学生が研究報告を行いました。

研究報告の様子

【受賞結果の詳細】
  氏名・所属 研究テーマ
最優秀賞 今井 貴秀
横川 知司
(大学院教育学研究科)
「西条石碑巡りガイドマップの開発ー東広島市西条町内509基の石碑調査を通してー」
優秀賞 倉本 尚
(大学院教育学研究科)
「観光満足度調査からみる酒蔵ツーリズムの課題と可能性ー東広島市西条酒蔵通りを事例にー」
優秀賞 松井 理恵
(大学院国際協力研究科)
「滞日ムスリム児童の教育支援に関する研究ー東広島市A小学校での調査からー」
佳作 岩佐 佳哉
(教育学部)
「東広島市西条盆地南部における「双子」神社の発見とその成立経緯ー柏原・三升原地区の近世新田開発の痕跡ー」
佳作 富田 直樹
(工学部)
※表彰式欠席
「限界耐力計算を用いた東広島市志和堀の茅葺古民家の耐震性能評価及び耐震補強計画案に関する考察」

 

【お問い合わせ先】
広島大学広報グループ

E-mail:koho*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up