• ホームHome
  • 教育・学生生活
  • (2021.5.18)応急学生支援金制度を継続しています-新入生も申し込み可能-

(2021.5.18)応急学生支援金制度を継続しています-新入生も申し込み可能-

新型コロナウイルスの感染者急増を受けて、政府は広島県に対して令和3年5月16日から31日までの期間、「緊急事態宣言」を発出しました。
こうしたコロナ禍の中で、広島大学はアルバイトなどの収入が激減して生活に困っている学生・留学生のために本学独自の応急学生支援金制度を昨年開始し、現在も継続しています。

生活に困窮し、日々の食べ物にも困り、応急支援を必要とされている学生・留学生向けに、生活困窮度を確認した上で、応急奨学金の給付を迅速に決定します。支援額は1カ月3万円で決定し、困窮が継続する方は何度でも申請できます。

新入生の方も申込み可能です。詳しい情報は、学生情報ポータル「もみじ」(リンク)にログイン後の「Myもみじ」に掲載しています。
※「Myもみじ」は在学生のみ閲覧可能で、以下のジャンルに掲示しています。
一般掲示板
ジャンル:新型コロナウイルス関連情報
表  題:広島大学応急学生支援金制度について

【応急学生支援金制度申請のおおまかな流れ】
①学生(本人)が申請書等(収支状況報告を含む)を作成
②学生(本人)が指導教員・チューターに相談、申請書を提出
③指導教員・チューターが教育室学生生活支援グループ(奨学金担当)にメールで申請書を提出
④給付の決定は、Myもみじ「個人掲示」を通じて教育室学生生活支援グループ(奨学金担当)から学生(本人)へ通知
    ※通知まで申請後概ね1週間から2週間

【お問い合わせ先】
広島大学学生生活支援グループ(奨学金担当)

E-mail:gkeizai-group※office.hiroshima-u.ac.jp(※は半角@に置き換えてください)


up