学習のサポート

チューター制

チューターとは、「担任」を意味する言葉です。広島大学では、学生一人ひとりを担当する教員(チューター)が、学科・コースごとに複数配置され、入学時から卒業まで、大学生活全般に関する相談・サポートを行います。相談内容は、単位の取り方など科目履修のことはもちろん、学習の悩み、学内施設の利用法など、大学生活に関わるすべてのことに応じます。例えば、高校までとは異なり、自分で時間割を組み、授業を受ける大学の履修システムに、最初は戸惑いを覚えるかもしれません。しかし、チューターは、あなたの個性や環境を理解しながら、具体的で実践的なアドバイスをしてくれる存在です。入学して困ったことがあれば、まずは気軽にチューターに相談してみましょう。
 

オフィス・アワー

オフィス・アワーは、教員が学生の質問・相談に応じるための時間として、あらかじめ示す特定の時間のことです。教員は、週の特定の曜日・時間をオフィス・ アワーとして研究室に在室し、学生はその時間内に自由に訪問して、授業内容や修学上の問題などについて質問や相談をすることができます。講義で質問できなかったことや、講義後に湧いた疑問などに、教員が個別に対応します。学生にとっては、単に質問ができるだけでなく、教員と身近に接することで、その人柄や研究テーマなどに深く触れる、絶好の機会です。また、自分の担当チューターである教員に相談する時間として、オフィス・アワーを利用することもできます。 ぜひ、積極的に活用してください。

学生プラザ

学生プラザは、主な学生支援窓口を1カ所にまとめ、学部や研究科の枠を越えて、外国人留学生や日本人学生が交流できる「学生交流の場」として設置しています。

ピア・サポート・ルーム

ピア・サポート・ルームでは、学内施設の場所、契約や物品購入に関するトラブル、履修方法、奨学金の申請などの問い合わせから、友人関係や健康のことまで、学生生活を送る上で生じる疑問や悩みの相談を受け付けます。ピア・サポート・ルームは、学生による学生のための相談室で、同じキャンパスの仲間(=ピア)の手助け(=サポート)をする場所です。大学から正式に認定された専門のカウンセラーから指導を受けたピア・サポーターが、同じ学生の立場から、じっくりと話を聞き、必要に応じて学内外の専門相談機関を紹介する「情報の交通整理」を行っています。利用は無料で、秘密は厳守されます。

アクセシビリティセンター

アクセシビリティセンターでは、障害の有無や、年齢、文化の違いなどに関係なく、誰もが学びやすい多様な修学環境・大学教育の構築を目指して、「アクセシ ビリティ」=「利用しやすさ」「わかりやすさ」の支援を行っています。障害学生の修学支援、支援方法の開発、人に優しい社会をリードする人材「アクセシビリティリーダー」の育成などの事業を通して、大学教育のユニバーサルデザイン化を推進しています。

  • 修学支援
    身体などの障害により、「見えない」「聞こえない」「筆記が困難」「会話が困難」など、修学上の困難がある学生に対する支援を行っています。

    • 授業中の支援…ノートの代筆や筆記通訳、実習の補助など
    • 教材支援…配布資料の拡大や点訳、ビデオ教材の字幕作成など
    • 学習支援…文献の朗読、図書館利用補助など
    • 学内生活支援…定期面談、キャンパス内移動時のサポートなど
  • アクセシビリティリーダーの養成
    広島大学が開発したアクセシビリティリーダー(AL)育成プログラムは、全国の大学・企業・行政からも注目を集めている先進的な人材育成プログラムです。所定の教育課程をクリアすると、在学中に1級、2級ALの資格取得が可能です。AL資格取得者を対象とした、学内・地域・企業でのインターンシップや、産学官連携のもとで実施されるALキャンプなど、資格を活用した実践の場も用意されています。

外国語教育研究センター

外国語教育研究センターでは、主に教養教育を中心として、学部から大学院まで外国語学習の環境整備、課外教育の運営、各種検定試験の実施など、大学の外国語教育全般を担当しています。

  • 多様な外国語とその授業
    入学後、教養教育として英語に加えて、「初修外国語」としてドイツ語・フランス語・スペイン語・ロシア語・中国語・韓国語・アラビア語から1言語を選択し学習します。また、外国語をより深く学習するため、コンピュータを使用し、インターネット経由で英語の自学自習を行う「マルチメディア英語演習」、海外の大学における語学研修「英語圏フィールドリサーチ」および集中的に初修外国語を学ぶ「インテンシブ外国語」などの授業も開講されています。
     
  • 特定プログラム
    ハイレベルな語学力を身につけたい学生を対象に、少人数で集中的に学ぶ「プロフェッショナル養成特定プログラム(英語・ドイツ語)」を提供しています。
     
  • 外国語研修プログラム
    語学力を伸ばしたい希望学生を対象とした10週間の講座です。会話コースをはじめ、各種テストの準備コース、さらには3日間集中のインテンシブコースがあります。
     
  • オンライン学習システムと自学自習支援
    インターネットを利用しての「TOEIC準備講座(3コース)」「医学英語講座」「中国語講座」をはじめ、自学自習を支援するための情報や語学力診断テストを提供する「ひろしま外国語お好みひろば」があります。また、いつでもどこでも楽しく生の英語に触れることができるポッドキャスト2番組を毎週配信して います。

TOEIC(R)IPテスト(全学実施)/TOEIC(R)公開テスト

広島大学の学生は、入学時と卒業時に実施する「TOIEC(R)IPテスト」を受験することが必要です。また、希望者は学内で実施される「TOIEC(R)公開テスト」を受験することが可能です。自分の英語学力を客観的・定期的に把握することによって、学習方法や進路を考える手がかりとすることができます。

  • TOEIC(R)テストのスコア活用例
    • 自分の力を、社会的、国際的に通用するスコアで確認することにより、自主学習に役立てることができます。
    • 社会的に認められたテスト結果で、就職活動時などの自己PRに活用することができます。
    • 高スコアを得た場合は、教養教育の英語科目の単位認定申請に利用できます。

TOEFL ITP(R)テスト

英語圏への留学に不可欠な英語運用能力を測る「TOEFLテスト」の模擬試験「TOEFL ITP(R)テスト」を学内で実施しています。留学に結びつく高得点の取得を支援します。


up