• ホームHome
  • 研究
  • 令和3年度DP・DR認定証授与式を開催しました

令和3年度DP・DR認定証授与式を開催しました

 2021年12月9日、広島大学ミライクリエ大会議室にて令和3年度DP・DR認定証授与式を開催しました。

 特に優れた研究を行う教授職(DP:Distinguished Professor)及び若手教員(DR:Distinguished Researcher)の認定制度は、広島大学の優れた人材の確保と的確な研究支援を組織的に機能させる目的で、2013年2月1日に創設されました。本制度は3年毎に公募を行っており、今回が4回目の認定となりました。

 DP、DRの選考では、分野特性に応じて多くの業績をあげられている方を認定いたしました。DRについては、主に発表論文や著書などの「研究業績」と「外部資金獲得状況」を高く評価しました。DPについては、それらに加えて学会での活躍や社会貢献、経済、文化的な貢献などについても評価しました。

越智学長、安倍理事とDP授与者

越智学長、安倍理事とDP授与者

越智学長、安倍理事とDR授与者

越智学長、安倍理事とDR授与者

 式典では、越智光夫学長からDP・DR認定者へ称号楯と記念品が授与され、その様子がライブ配信されました。

 越智学長は式辞で、DP・DR認定者へ祝意を述べ、その業績を称えるとともに、今後も国際水準の教育研究を展開していく中でその中核を担い、広島大学の顔としてより一層活躍して頂くことを期待している、と述べられました。

2021年12月9日の式典の動画(Youtube)

2021年12月9日の式典の動画(Youtube)

令和3年度DP・DR認定者

※ 所属・職名は認定時の情報を掲載しています。

【DP】9人

【DR】10人

【お問い合わせ先】
 広島大学 学術・社会連携室 学術・社会連携部 URA部門
 
E-mail:ura*office.hiroshima-u.ac.jp (*は半角@に置き換えて送信してください。)


up