両生類研究センター

センターの概要

 さまざまな利点を有する両生類を実験動物としている研究施設です。1967年に創設されて以来、現在、発生研究部門、進化・多様性研究部門、バイオリソース研究部門の3研究部門、その他に客員部門があり、発生、再生、性分化、進化、種分化等に関する先駆的研究を展開しています。また、バイオリソース研究部門ではネッタイツメガエルの収集・提供(ナショナルバイオリソースプロジェクト)、アフリカツメガエルの収集・維持、絶滅危惧種・在来種の系統維持を行い、200種・500系統、総数3万匹の両生類を飼育しています。さらに、国内外から30年以上かけて野外で採集された12,600匹のカエル、および実験的に作製された特殊系統4,000匹のカエルを凍結保存しています。このような、多彩な種の両生類リソースを保存しながら研究を行うセンターは世界でも例がありません。

【お問い合わせ先】

両生類研究センター
電話:(082)424-7328
FAX:(082)424-0739


up