文学部 入学者受入れの方針

学部のアドミッション・ポリシー

1 求める学生像
文学部では、個性あふれる豊かな人間性を培い、人文学における新しい知の探求を通じて、学問を究めようとする人材を育成するために、次のような資質を備えた学生を求めています。
(1) 論理的思考力、創造力、語学力など、人文学を学ぶために必要な基礎的能力を身につけている人
(2) 柔軟で批判的な精神を持ち、主体的に学修や研究を行う意欲のある人
(3) 原典・資史料に基づいて、人間、文化、歴史、環境について深く考察したい人
(4) 専門性を活かして世界に羽ばたきたいという意欲を持つ人

2 入学者選抜の基本方針
文学部では、「1求める学生像」で提示した(1)から(4)の資質を備えた学生を受け入れるため、各主専攻プログラムのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、入学者に求める能力やその評価方法を「学力の3要素」と関連付けて明示し、多面的・総合的な評価による選抜を実施します。

募集単位(学科)のアドミッション・ポリシー

 

文学部 人文学科

1 求める学生像
本学科が編成している哲学・思想文化学プログラム、歴史学プログラム、地理学・考古学・文化財学プログラム、日本・中国文学語学プログラム及び欧米文学語学・言語学プログラムのディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、入学前に以下のような多様な能力を身につけてきた学生を求めています。
(1)知識・技能については、高等学校段階での人文学を学ぶための基礎的・基本的な学力を幅広くしっかりと身につけている人
(2)思考力・判断力・表現力等の能力については、高等学校段階での人文学を学ぶための基礎的・基本的な学力を幅広くしっかりと身につけ、知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれている人
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度については、高等学校段階での人文学を学ぶための基礎的・基本的な学力を幅広くしっかりと身につけている人
なお、第1年次の入学前に学習しておくことが期待される内容は、高等学校段階での人文学を学ぶための基礎的・基本的な学力です。
また、第1年次の入学後に個性あふれる豊かな人間性を培い、人文学における新しい知の探求を通じて、学問を究めようとする学生を求めています。

2 入学者選抜における重点評価項目

 区分

関心・意欲・態度

知識・技能

思考力・判断力・表現力

主体性・協働性

一般
入試
 

前期日程

 

 

大学入試センター試験(※1)、個別学力検査

大学入試センター試験(※1)、個別学力検査

 

 

後期日程

面接

大学入試センター試験(※1)、面接

大学入試センター試験(※1)、面接

 

 

広島大学光り輝き入試

AO入試(総合評価方式Ⅲ型)

自己推薦書、総合問題、面接、英語外部検定試験の成績証明書等(※2)

総合問題、面接、英語外部検定試験の成績証明書等(※2)

自己推薦書、総合問題、面接

自己推薦書、面接

AO入試(国際バカロレア入試)

IB最終試験6科目の成績評価証明書、志望理由書、面接

IB最終試験6科目の成績評価証明書

面接

IB最終試験6科目の成績評価証明書、志望理由書

AO入試(フェニックス方式)

志望理由書、面接

面接

面接

 

 

私費外国人留学生入試

2月実施

 

 

個別学力検査、日本留学試験、英語外部検定試験の成績証明書等

個別学力検査

 

 

3月実施

面接

面接、日本留学試験、英語外部検定試験の成績証明書等

面接

 

 

(※1) 大学入試センター試験を利用する入試について、本学が定める基準を満たす「英語外部検定試験の成績証明書等」を出願書類と共に提出した場合は、大学入試センター試験の外国語(英語)の得点を満点とみなします。
(※2) AO入試の英語外部検定試験の成績証明書等の提出は任意です。

3 入学者受入れの基本方針
【一般入試(前期日程)】
大学入試センター試験(5又は6教科8科目。1,100点満点)及び個別学力検査(国語及び外国語。800点満点)の総合点で評価します。
《知識・技能》
高等学校段階での基礎的・基本的な知識を習得していることを確認し、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、大学入試センター試験及び個別学力検査により評価します。
《思考力・判断力・表現力》
知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれているかを、個別学力検査により評価します。大学入試センター試験でも思考力を評価します。

【一般入試(後期日程)】
大学入試センター試験(5又は6教科8科目。900点満点)及び面接(100点満点)の総合点で評価します。
《関心・意欲・態度》
人間、文化、歴史、環境に関する問題意識及び将来専門性を活かして世界に羽ばたきたい者としての意欲・態度を、面接により評価します。
《知識・技能》
高等学校段階での基礎的・基本的な知識を習得していることを確認し、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、大学入試センター試験及び面接により評価します。
面接では、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な基礎的・基本的な知識を習得しているかどうか、勉学に対する意欲・志向について質問し、個性の豊かさ、応答の仕方・態度により評価します。
《思考力・判断力・表現力》
知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれているかを、面接により評価します。面接では、勉学に対する意欲・志向について質問し、個性の豊かさ、応答の仕方・態度により評価します。大学入試センター試験でも思考力を評価します。

【広島大学光り輝き入試 AO入試(総合評価方式Ⅲ型)】
第1次選考として出願書類(自己推薦書。段階評価)とゼミナール後の総合問題(200点満点)により評価します。最終選考はゼミナール開設分野ごとの面接(100点満点)と第1次選考の成績により総合的に評価します。英語外部検定試験利用の等級又はスコアに関する証明書(原本)を提出した者は、自己推薦書の評価に反映させます。
《関心・意欲・態度》
本学科ゼミナール開設分野に関する関心・意欲を自己推薦書、総合問題及び面接により評価します。英語外部検定試験の成績証明書等を提出した場合も評価します。
《知識・技能》
本学科ゼミナール開設分野に関する基本的な事項について、総合問題及び面接により評価します。英語外部検定試験の成績証明書等を提出した場合も評価します。
《思考力・判断力・表現力》
本学科ゼミナール開設分野に関する思考力、問題解決能力、論理的な表現力を、自己推薦書、総合問題及び面接により評価します。
《主体性・協働性》
本学科ゼミナール開設分野に関する主体性、協働性を、自己推薦書及び面接により評価します。

【広島大学光り輝き入試 AO入試(対象別評価方式 国際バカロレア入試)】
出願書類(IB最終試験6科目の成績評価証明書及び志望理由書。50点満点)及び面接(50点満点)を総合的に評価します。
《関心・意欲・態度》
人間、文化、歴史、環境に関する問題意識及び将来専門性を活かして世界に羽ばたきたい者としての意欲・態度を、IB最終試験6科目の成績評価証明書、志望理由書及び面接により評価します。 
《知識・技能》
人間、文化、歴史、環境に関する基本的な事項について、IB最終試験6科目の成績評価証明書により評価します。
《思考力・判断力・表現力》
人間、文化、歴史、環境に関する思考力、問題解決能力、論理的な表現力を、面接により評価します。
《主体性・協働性》
人間、文化、歴史、環境に関する主体性、協働性を、IB最終試験6科目の成績評価証明書及び志望理由書により評価します。

【広島大学光り輝き入試 AO入試(フェニックス方式)】
志望理由書(50点満点)及び面接(50点満点)を総合して評価します。

《関心・意欲・態度》
人間、文化、歴史、環境に関する問題意識及びそれらに関する幅広い基礎学力と専門知識を習得したい者としての意欲・態度を、志望理由書及び面接で評価します。
《知識・技能》
面接で、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な基礎的・基本的な知識を習得しているか及び勉学に対する意欲・志向について質問し、個性の豊かさ、応答の仕方・態度により評価します。 《思考力・判断力・表現力》
面接で、知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれているか及び勉学に対する意欲・志向について質問し、個性の豊かさ、応答の仕方・態度により評価します。

【私費外国人留学生入試 2月実施】
個別学力検査(国語及び外国語。800点満点)に日本留学試験(2教科2科目)及び英語外部検定試験の成績証明書等の結果を総合的に評価します。
《知識・技能》
日本国の高等学校段階での基礎的・基本的な知識を習得していることを確認し、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、個別学力検査、日本留学試験及び英語外部検定試験の成績証明書等により評価します。
《思考力・判断力・表現力》
知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれているかを、個別学力検査により評価します。

【私費外国人留学生入試 3月実施】
面接(100点満点)に日本留学試験(2教科2科目)及び英語外部検定試験の成績証明書等の結果を総合的に評価します。
《関心・意欲・態度》
勉学に対する意欲・志向、個性の豊かさ、応答の仕方・態度を、面接により評価します。 
《知識・技能》
日本国の高等学校段階での基礎的・基本的な知識を習得していることを確認し、各主専攻プログラムのカリキュラム・ポリシーに適応可能な能力を見るために、面接、日本留学試験、及び英語外部検定試験の成績証明書等により評価します。
《思考力・判断力・表現力》
面接で、知識を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力が育まれているか及び勉学に対する意欲・志向について質問し、個性の豊かさ、応答の仕方・態度を通して、日本語のコミュニケーション能力を含めて評価します。


up