医系科学研究科 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

博士課程前期

総合健康科学専攻

医系科学研究科では,ディプロマ・ポリシーに示す目標を学生が達成できるように,以下の方針で教育課程を編成し,実施する。

学生が自分の専門以外の分野に触れる機会を増やし,広い範囲から研究テーマを見つけ,また研究テーマの変更や進路の選択が柔軟に行えるような環境,さらに,学生が社会とのつながりを意識し,開かれた問題意識を持ち,新たな発想ができるような環境を提供するため,以下のように教育課程を編成し,実施する。

1 それぞれの専門分野で必要な高度な専門的知識と能力の獲得を促すため,専攻分野に関連する専門科目を体系的に提供する。
2 研究科や専門領域を超えた広い視野と社会への関心や問題意識を涵養し,「持続可能な発展を導く科学」としてどのような貢献が可能であるかの考察を深めるための科目やキャリアパスを拡げるための科目を大学院共通科目として開設する。
3 医系科学分野において共通基盤となる能力を涵養するため,生命・医療倫理及び多職種連携に関する科目を必修とした研究科共通科目を開設する。
4 主として専攻する領域以外の授業科目の履修を必修とする。また,専門領域の異なるゼミの履修や研究指導を受けることにより修得した単位を修了要件とすることができる。
5 研究指導は主指導教員と,主指導教員とは専門の異なる教員を含む2人以上の副指導教員との複数指導体制とする。
6 異なる分野の専門家がチームとして取り組む研究プロジェクトへ参加することにより,修了要件とすることができる単位を修得できる。

保健科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)保健科学や高度先進医療の研究に必要な倫理及び研究法の基礎,さらに幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義を共通科目として設定する。
(4)専門科目の講義は,包括的な専門知識の修得を可能にするために,分野を超えて実施する。
(5)各専門科目の演習を充実する。

薬科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)薬科学の確立と普及を担う教育者・研究者となるための能力を身に付けるため,教育・研究の柱となる薬科学分野の知識に必要不可欠な理論並びに我が国における創薬の現状に関する理解を深める事を目的として,必修科目として薬科学特論を履修する。
(4)薬科学分野で国際的に活躍できる素養を身に付けるために,幅広い知識と学識を深める事を目的として,オムニバス講義科目を選択必修科目として履修する。

公衆衛生学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習・実習,特別研究から構成される。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)公衆衛生大学院の国際基準である5分野において必修科目・選択科目を開設する体系的な教育課程とする。
(4)集団を対象とした健康・疾病の状況を把握・評価する手法である疫学・生物統計学に加え,保健統計,健康政策,研究方法論及び研究倫理,臨床疫学,保健行政,医療管理,国際保健や環境保健など幅広い分野の科目履修を通じ,エビデンスに基づいた臨床診断・実践的臨床研究力や行政施策の提言など疾病対策のための実践的能力を修得することができる教育課程とする。

医学物理士プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習及び特別研究から構成される。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)医学物理の分野で必要とする専門知識に加え,包括的な専門知識の習得を可能にし,さらに大学院博士課程後期での研究機会の拡大を考慮して研究法の基礎,及び分野を越えた幅広い分野の専門科目を履修する。
(4)医学物理士認定機構の教育コース認定要件を満たす科目の履修により,医学物理士認定試験の受験資格を得るために必要な知識・能力を習得する。

生命医療科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習・実習,特別研究から構成される。
(2)基礎医学・歯学科目の履修により,医学,歯学研究の基盤となる知識を修得する。
(3)生命・医療倫理学を含む社会医学・歯学科目の履修により,社会における医学,歯学研究の役割を習得する。
(4)臨床医学・歯学科目の履修により,医学・歯学研究の応用と実践を理解する。
(5)修得した(1)から(3)の知識・能力を活用して,教育・研究機関において基礎医学・歯学研究を推進できる能力を習得する。
(6)習得した(1)から(3)の知識・能力を活用して,企業等において研究開発や医療関係業務に携わることができる能力を習得する。

博士課程後期・博士課程

医系科学研究科では,ディプロマ・ポリシーに示す目標を学生が達成できるように,以下の方針で教育課程を編成し,実施する。

学生が自分の専門以外の分野に触れる機会を増やし,広い範囲から研究テーマを見つけ,また研究テーマの変更や進路の選択が柔軟に行えるような環境,さらに,学生が社会とのつながりを意識し,開かれた問題意識を持ち,新たな発想ができるような環境を提供するため,以下のように教育課程を編成し,実施する。

1 それぞれの専門分野で必要な卓越した専門的知識と高度な研究能力の獲得を促すため,専攻分野に関連する専門科目を体系的に提供する。
2 研究科や専門領域を超えた学際的かつ国際的な視野と社会への関心や問題意識を涵養し,「持続可能な発展を導く科学」としてどのような貢献が可能であるかの考察を深めるための科目やキャリアパスを拡げるための科目を大学院共通科目として開設する。
3 医系科学分野において共通基盤となる能力を涵養するため,生命・医療倫理及び多職種連携に関する科目を必修とした研究科共通科目を開設する。
4 主として専攻する領域以外の授業科目の履修を必修とする。また,専門領域の異なるゼミの履修や研究指導を受けることにより修得した単位を,修了要件とすることができる。
5 研究指導は,主指導教員と,主指導教員とは専門の異なる教員を含む2人以上の副指導教員との複数指導体制とする。
6 異なる分野の専門家がチームとして取り組む研究プロジェクトへ参加することにより,修了要件とすることができる単位を修得できる。

(博士課程後期)総合健康科学専攻

保健科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習,特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)高度な保健科学の各分野を学ぶ上で基盤となる科目を設ける。
(4)幅広い知識と学識を深めることを目的として,オムニバス講義科目を設定する。
(5)各専門科目の演習を充実する。

薬科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,特別演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)薬科学の研究・教育を通じて,我が国の創薬科学及び生命薬科学の発展に貢献できる能力を身に付けるために,教育・研究の柱となる薬科学分野の知識に専門性を活かした高度な研究能力を培うため必修科目の講義として薬科学特講を履修する。
(4)国際的視点に立って創薬科学及び生命薬科学を基礎とした応用研究を展開できる能力を身に付けるために,幅広い知識と学識を深めることを目的として,オムニバス講義科目を履修する。

生命医療科学プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは,講義,演習・実習,特別研究から構成される。
(2)基礎医学・歯学科目の履修により,医学,歯学研究における高度な知識を習得する。
(3)生命・医療倫理学を含む社会医学・歯学科目の履修により,社会における医学,歯学研究の役割を習得する。
(4)臨床医学・歯学科目の履修により,医学・歯学研究の応用と実践を理解する。
(5)習得した(1)から(3)の知識・能力を活用して,教育・研究機関において基礎医学・歯学研究を推進できる高度な能力を習得する。
(6)修得した(1)から(3)の知識・能力を活用して,企業等において研究開発や医療関係業務に携わることができる高度な能力を習得する。

(博士課程)医歯薬学専攻

医学専門プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは講義,特別演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)医療系分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
(4)医学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。

歯学専門プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは講義,特別演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)歯学分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
(4)歯学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。

薬学専門プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは講義,特別演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)薬学分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
(4)薬学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。

放射線医科学専門プログラム

ディプロマ・ポリシーに基づき,以下の方針のもとに教育課程を編成し,実施する。

(1)カリキュラムは講義,特別演習及び特別研究から構成する。
(2)生命・医療倫理に関する科目を必修とし,豊かな人間性を涵養する。
(3)放射線医科学分野の研究に必要な幅広い専門知識の修得を可能とするオムニバス講義科目を共通科目として設定する。
(4)放射線医科学分野における高度な専門知識と研究能力を修得するためプログラム専門科目を設定する。


up