薬学部 教育課程編成・実施の方針

薬学プログラム

薬学プログラムでは,その教育理念に基づき豊かな人間性と幅広い教養を持った医療人を育成するため,以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。
1)広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のため,平和科目,大学教育基盤科目,領域科目,外国語科目,情報科目,健康スポーツ科目,社会連携科目,基盤科目を全学実施体制のもとに設置する。
2)専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために,専門基礎科目として,早期体験,コミュニケーション・ヒューマニズム,物質の構造と性質,天然医薬資源,生体の構造と機能に関連する科目を設置する。
3)専門科目として,医薬品の作用,医薬品の体内動態,健康・環境,製剤の調製と医薬品の管理,疾病と病態,薬剤師業務,薬事関連法規,実験技術に関連する科目を設置する。
4) 薬剤師実務教育として,臨床事前実習を4年次後期に設置し,臨床事前実習修了後に共用試験を課し,合格者については臨床実習を設置する。
5)身につけた知識やスキルを統合し,問題解決と新たな価値の創造に繋げていく科学的思考能力を育成するために,卒業研究を必修科目として設置し,丁寧な個別指導を行う。また下級生の卒業研究のサポートができるように,環境を整える。
6)研究室配属ならびに共用試験受験のために,一定の基準を設ける。
7)学修の成果は,各科目の成績評価と共に薬学プログラムで設定する到達目標への到達度の2つで評価する。

薬科学プログラム

薬科学プログラムでは,その教育理念に基づき豊かな人間性と幅広い教養を持った科学者・技術者を育成するため,以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

1)広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のため,平和科目,大学教育基盤科目,領域科目,外国語科目,情報科目,健康スポーツ科目,社会連携科目,基盤科目を全学実施体制のもとに設置する。
2)専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために,専門基礎科目として,早期体験,コミュニケーション・ヒューマニズム,物質の構造と性質,天然医薬資源,生体の構造と機能に関連する科目を設置する。
3)専門科目として,医薬品の作用,医薬品の体内動態,健康・環境,製剤の調製と医薬品の管理,疾病と病態,薬剤師業務,薬事関連法規,実験技術に関連する科目を設置し,自らの将来に向けた専門性を育むために,これらの中から選択する。
4)身につけた知識やスキルを統合し,問題解決と新たな価値の創造に繋げていく科学的思考能力を育成するために,卒業研究を必修科目として設置し,丁寧な個別指導を行う。
5)研究室配属のために,一定の基準を設ける。
6)学修の成果は,各科目の成績評価と共に薬科学プログラムで設定する到達目標への到達度の2つで評価する。
7)希望する学生のために,高等学校教諭一種免許状(理科)取得のための科目を設置する。
 


up