理学部 卒業認定・学位授与の方針

数学科・数学プログラム

本プログラムでは,数学に関する専門的な知識と技能を備えた研究者・教育者・情報化社会のニーズに応え得る職業人など,様々な分野で変化や新たな現実に柔軟に対応して活躍できる人材を養成します。
そのため,本プログラムでは,以下の能力を身につけ,教育課程によって定められた基準の単位数を修得した学生に「学士(理学)」の学位を授与します。

・幅広い教養を身につけグローバルな視野をもって考え判断することができる。
・現代数学の諸分野の基礎的理論の本質を厳密に理解し,応用することができる。
・数学の学習・研究により磨き上げられた論理的思考能力と表現力を活用することができる。
・様々な事象を数学的にとらえ,一般化・抽象化・体系化・モデル化して処理することができる。
・大学院進学後により高度な内容の学習や研究を行うことができる,あるいは教育界・産業界等の幅広い方面で活躍できる基礎能力と先端的知識が身に付いている。

物理学科・物理学プログラム

本プログラムでは,以下の4項目に示す物理における基礎的,専門的な知識・能力・技能を有し,大学院におけるより専門的な教育・研究に必要な能力を身につけ,大学や国公立研究機関の研究者,あるいは企業の技術職や専門職等で活躍することのできる人材の育成のため,教育課程の定める基準となる単位数を修得した学生に「学士(理学)」の学位を授与します。

・物理学における基礎的,専門的な知識・能力・技能。
・実験や観測などの客観的事実やモデル計算の結果に対して,物理学の知識・能力・技能を駆使して自ら論理的に考えることができる能力。
・物理学に限らず,広い視野と倫理観を持って,科学研究,教育,実業の幅広い分野で活躍することができる素養。
・国際的な感覚を持ち,科学的な内容に関する報告や議論,プレゼンテーションなどを英語で行うことができる能力。

化学科・化学プログラム

本プログラムは,化学をバックグラウンドにもち,基礎的・応用的研究,産業界における実務,理科教育などあらゆる化学関連分野の第一線で活躍することが期待され,加えて国際性の資質も備えた科学者を養成することを目的としています。また,本プログラムは,自立性と柔軟性を持って業務を遂行できる能力をもつ人材の輩出を目指しています。
本プログラムでは,以下の能力,素養をもち,教育課程の定める基準単位数を修得した学生に「学士(理学)」の学位を授与します。

・深い化学的知識,専門技能,思考力,判断力,独創的視点を基盤にして,新しい化学分野を創造するために必要な素養。
・複数の分野にまたがる学際領域や,既存の枠組みを越えた新しい化学に対する関心を基盤とした,現代社会をリードするために必要な能力。
・主体性を持って活発な学問的,化学的関心を常に抱き,総合的な視点から新しい状況,環境に対応するために必要な能力。
・継続して努力する能力,自らの考えを論理的に説得力ある言葉で表現・説明する能力,及び他者との議論により自らの理解を修正・改善する能力。

生物科学科・生物学プログラム

本プログラムでは,生物学の知識・経験を有し,基礎的研究や応用的開発に従事する技術者,産業界における実務や理科教育などあらゆる関連分野の第一線で活躍できる人材,プレゼンテーション能力を併せもった国際人としての資質を備えた人材などの養成を目的に教育を行います。具体的には以下の知識・能力を習得し,教育課程の定める基準となる単位数を修得した学生に学士(理学)の学位を授与します。

・生物に見られる現象を分子・細胞から個体・集団レベルまで様々な角度から捉え,理解し,考察できる能力を身につけている。
・一般教養の涵養に加え,生物学の基礎と専門知識を修得している。
・生物学分野における専門英語の基礎を修得している。
・生物学の研究に用いられる実験技術を習得するとともに,生物科学の問題を主体的に解決する能力を身につけている。
・生物学に関わる自らの考えを記述し,発表する技能を修得している。

地球惑星システム学科・地球惑星システム学プログラム

本プログラムは,地球惑星科学の様々な分野の融合である地球惑星システム学に関連する研究者,技術者,教育者として社会で活躍できる国際的な視野を持った人材の育成を目指しています。本プログラムでは,以下の能力を身に着け,基準となる単位数を修得した学生に「学士(理学)」の学位を授与します。

・地球惑星システム学の幅広い分野を理解するための数学,物理学,化学,生物学,地球惑星科学の基礎を習得する。
・地球惑星システム学の幅広い分野に必要な英語と情報処理の基礎を習得する。
・地球惑星システム学に関して,日本語および英語の学術文献を読み,ミクロからマクロのレベルまでの様々な構造と現象について,理解し考察することができる。
・地球惑星システム学に関して,専門的な研究を遂行し,結果を論文にまとめ,英語で発表することができる。
 


up