先進理工系科学研究科 学位授与の方針

博士課程前期

  先進理工系科学研究科博士課程前期の学位授与の方針は,広島大学大学院博士課程前期の学位授与の方針を踏まえ,次のように定める。
 先進理工系科学研究科先進理工系科学専攻では,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,研究テーマ及び専門領域に応じて「修士(理学),修士(工学),修士(情報科学),修士(国際協力学),修士(学術)」のいずれかの学位を授与する。
 1.理学,工学又は情報科学及びこれらの関連分野や融合分野における先進的で高度な研究力と専門技術を有している。
 2.上記の研究領域において,深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
 3.多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
 4.科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

数学プログラム

 数学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(理学)」の学位を授与する。
(1)数学における幅広い学識と高度な研究能力及び専門的能力を有している。
(2)数学において,深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)国際・地域社会,産業界や他の科学分野に生じる課題を数理的にとらえ,分析することができ,多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決に向けて取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

物理学プログラム

 物理学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(理学)」の学位を授与する。
(1)理学の基盤学問としての物理学の最先端の専門的知識を有している。 
(2)物理学の深い専門性と共に,関連する異分野に対する理解力を有し,それらを融合して課題を発見する能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

地球惑星システム学プログラム

 地球惑星システム学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(理学)」の学位を授与する。
(1)地球惑星科学における高度な研究力と専門技術を身に付け,異分野とも関連させて地球惑星をシステムとして捉える能力を有している。
(2)地球惑星科学の深い専門性と共に,関連する異分野に対する理解力を有し,それらを融合して課題を発見する能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,地球惑星システム学の観点から「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

基礎化学プログラム

 基礎化学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(理学)」の学位を授与する。
(1)基礎化学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)基礎化学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

応用化学プログラム

 応用化学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)応用化学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)応用化学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

化学工学プログラム

 化学工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)化学工学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)化学工学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

電気システム制御プログラム

 電気システム制御プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)電気システム制御分野の核となる電気工学・システム工学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)電気システム制御分野の核となる電気工学・システム工学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

機械工学プログラム

 機械工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)機械工学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)機械工学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

輸送・環境システムプログラム

 輸送・環境システムプログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)輸送システム工学,環境システム工学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)輸送システム工学,環境システム工学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

建築学プログラム

 建築学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)建築学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)建築学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

社会基盤環境工学プログラム

 社会基盤環境工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)社会基盤環境工学の核となる構造工学,土木環境学,防災工学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)社会基盤環境工学の核となる構造工学,土木環境学,防災工学の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

情報科学プログラム

 情報科学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(情報科学)」の学位を授与する。
(1)情報科学における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)情報科学の深い専門性と共に,異文化に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

スマートイノベーションプログラム

 スマートイノベーションプログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,「修士(工学)」の学位を授与する。
(1)スマート材料開発,スマート計測・制御に関連する分野,あるいはそれらの融合分野における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)スマート材料開発,スマート計測・制御に関連する分野,あるいはそれらの融合分野の深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

量子物質科学プログラム

 量子物質科学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,主たる研究テーマ及び専門領域に応じて,「修士(工学),修士(理学)又は修士(学術)」の学位を授与する。
(1)物質基礎科学,物性物理学,物性工学,電子工学を基礎にした高度な研究力と専門技術を有している。
(2)深い専門性と共に,異分野に対する理解力を有し,それらを融合・連携させる応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

理工学融合プログラム

 理工学融合プログラムでは,以下の能力を身に付け,所定の単位数を修得し,修士論文の審査及び最終試験又は博士論文研究基礎力審査に合格した学生に,研究テーマ及び専門領域に応じて「修士(工学),修士(国際協力学),修士(学術)」のいずれかの学位を授与する。
(1)中核となる基盤分野である,自然環境・自然災害,総合物理,情報システム環境,開発技術,及びその融合分野における高度な研究力と専門技術を有している。
(2)中核となる自然環境・自然災害,総合物理,情報システム環境,開発技術分野の深い専門性を基盤としながら,自然指向型思考と人間指向型思考の両視点に立つことで融合分野に対する理解力を有し,自然と人間との共生・共存のための応用力と実践力,課題発見能力を有している。
(3)多分野の高度専門職業人と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決に取り組む能力を有している。
(4)科学的論理性と研究倫理の理解,異分野への情報発信能力,国際的・学際的なコミュニケーション能力を有している。

(修士課程)広島大学・ライプツィヒ大学国際連携サステイナビリティ学専攻

 本専攻では,以下の能力を身に付け,所定の単位数を修得し,修士論文及び最終試験に合格した学生に,「修士(学術)」の学位を授与する。

1.自立的に研究を行うための,科学的思考や手法を理解する能力,及び根拠に基づいた意思決定能力
2.書く技能,議論する能力,争いを調和する能力,協働する能力,企画運営能力等,広く社会で活躍できる能力
3.欧州とアジアの見方の違いを理解する中で,異文化コンピテンシーを高めるための,背景の異なる他者と協働できるコミュニケーション能力
4.複雑な課題に対し,複数の学問分野から,課題に適した知識と科学的手法を選択するとともに,分野横断型の研究手法を用いる力
5.「持続可能な開発」の概念を構成する自然的,社会的,経済的側面,及び複雑な相互関係を理解する力
6.世界の課題解決に貢献するための,環境学における持続可能な開発論を基盤にした,SDGs達成に向けた研究・実践能力

博士課程後期

 先進理工系科学研究科博士課程後期の学位授与の方針は,広島大学大学院博士課程後期の学位授与の方針を踏まえ,次のように定める。
 先進理工系科学研究科先進理工系科学専攻では,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,研究テーマ及び専門領域に応じて「博士(理学),博士(工学),博士(情報科学),博士(国際協力学),博士(学術)」のいずれかの学位を授与する。
 1.理学,工学又は情報科学及びこれらの関連分野や融合分野における先進的で卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
 2.上記の研究領域において,深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び問題解決能力を有している。
 3.多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決を先導する能力を有している。
 4.科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

数学プログラム

 数学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(理学)」の学位を授与する。
(1)数学における専門知識の応用,分析,評価ができ,それらを統合して創造する能力,及び学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)数学の深い専門性と共に,国際的・学際的な視野に立った学識を備え,それらを融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)産業界や他の科学分野に生じる課題を数理的にとらえ,分析することができ,多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

物理学プログラム

 物理学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(理学)」の学位を授与する。
(1)理学の基盤学問としての物理学の卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)物理学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

地球惑星システム学プログラム

 地球惑星システム学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(理学)」の学位を授与する。
(1)地球惑星科学における卓越した研究力と専門技術を身に付け,異分野とも関連させて地球惑星をシステムとして捉える能力を有している。
(2)地球惑星科学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,地球惑星システム学の観点から「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

基礎化学プログラム

 基礎化学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(理学)」の学位を授与する。
(1)基礎化学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)基礎化学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

応用化学プログラム

 応用化学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)応用化学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)応用化学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際コミュニケーション能力を有している。

化学工学プログラム

 化学工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)化学工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)化学工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

電気システム制御プログラム

 電気システム制御プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)電気システム制御分野の核となる電気工学・システム工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)電気システム制御分野の核となる電気工学・システム工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

機械工学プログラム

 機械工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)機械工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)機械工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

輸送・環境システムプログラム

 輸送・環境システムプログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)輸送システム工学,環境システム工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)輸送システム工学,環境システム工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

建築学プログラム

 建築学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)建築学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)建築学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

社会基盤環境工学プログラム

 社会基盤環境工学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)社会基盤環境工学の核となる構造工学,土木環境学,防災工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)社会基盤環境工学の核となる構造工学,土木環境学,防災工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な技術者倫理,多様性の尊重を身に付けているとともに,国内外で牽引的な高度専門職業人または研究者として活躍するために必要な高いコミュニケーション能力と実践能力を有している。

情報科学プログラム

 情報科学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(情報科学)」の学位を授与する。
(1)情報科学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)情報科学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

スマートイノベーションプログラム

 スマートイノベーションプログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,「博士(工学)」の学位を授与する。
(1)スマート材料開発,スマート計測・制御に関連する分野,あるいはそれらの融合分野における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)スマート材料開発,スマート計測・制御に関連する分野,あるいはそれらの融合分野の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,技術の社会実装により,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際コミュニケーション能力を有している。

量子物質科学プログラム

 量子物質科学プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位数を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,主たる研究テーマ及び専門領域に応じて,「博士(工学),博士(理学)又は博士(学術)」の学位を授与する。
(1)物理基礎科学,物性物理学,物性工学,電子工学における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)物理基礎科学,物性物理学,物性工学,電子工学の深い専門性と共に,学際的視野と社会実践能力を兼ね備え,異分野を融合・連携させた課題発見能力及び解決能力を有している。
(3)多分野の専門家と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。

理工学融合プログラム

 理工学融合プログラムでは,以下の能力を身に付け,かつ,所定の単位を修得し,研究指導を受け,博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に,研究テーマ及び専門領域に応じて「博士(工学),博士(国際協力学),博士(学術)」のいずれかの学位を授与する。
(1)中核となる基盤分野である,自然環境・自然災害,総合物理,情報システム環境,開発技術,及びその融合分野における卓越した研究力と専門技術を有し,学術成果を国内外に発信する能力を有している。
(2)中核となる自然環境・自然災害,総合物理,情報システム環境,開発技術分野の深い専門性を基盤としながら,自然指向型思考と人間指向型思考の両視点に立つことで異分野を融合・連携させ,自然と人間との共生・共存のための課題発見能力,解決能力及び社会実践能力を有している。
(3)多分野の高度専門職業人と協働して,「持続可能な発展を導く科学」の創出や技術の社会実装などにより,社会の課題解決を先導する能力を有している。
(4)科学的論理性と高潔な研究者倫理,異分野への情報発信能力,高度な国際的・学際的コミュニケーション能力を有している。


up