薬学部 卒業認定・学位授与の方針

薬学科・薬学プログラム

薬学プログラムでは,以下のような能力を身につけ,かつ所定の単位を修得した学生には,卒業が認定され,学士(薬学)の学位が授与されます。

1)薬学を学ぶ上で必要な物理学,化学,生物学,数学および医療従事者のための心理学などの基本的能力ならびに幅広い教養を身につけている。
2)医薬品および生体物質を含む化学物質の基本的な反応性を理解するために,代表的な反応,分離法,構造決定法などの基本的な知識・技能を身につけ,それらを説明・実施できる。
3)生命体の成り立ちを個体,器官,細胞レベルで理解するために生命体の構造や機能調節などに関する基本的な知識・技能を身につけ、それらを説明・実施できる。
4)医薬品の薬理作用の過程を理解するために,疾患に対する薬物の作用,作用機序および体内での運命に関する基本的な知識・技能・態度を身につけ、それらを説明・実施できる。
5)薬物治療の基礎・応用知識を理解し,すべての臓器に関する主な疾患に対する標準的な薬物治療に関して説明できる。
6)医薬品や化学物質のヒトへの影響,および生活環境や地球生態系と人類の健康とに関する基本的な知識・技能・態度を身につけ、それらを説明・実施できる。
7)社会において薬剤師が果すべき責任,義務などを正しく理解するため,薬学,薬物に関する法律,制度,経済および薬局業務に関する基本的な知識・技能・態度を身につけ、それらを説明・実施できる。
8)医療にチームの一員として参画するために,調剤,製剤,服薬説明などの薬剤師業務に必要な基本的な知識・技能・態度を身につけ、それらを説明・実施できる。
9)医療の担い手として求められる多様なニーズに柔軟に対応できる薬剤師として活躍するために,問題を発見し、その解決に向けた方向性を示すことができる。
10)薬学・医療の進歩に対応するために、新しい情報や知識を把握し、生涯にわたり自己研鑽を続けるために必要な基礎的な力を身につけている。
11)次世代の薬剤師の育成を担うために、後進の指導の重要性を理解し、実践できる。

薬科学科・薬科学プログラム

薬科学プログラムでは,以下のような能力を身につけ,かつ所定の単位を修得した学生には,卒業が認定され,学士(薬科学)の学位が授与されます。

1)薬科学を学ぶ上で必要な物理学,化学,生物学,数学および倫理学などの基本的能力ならびに幅広い教養を身につけている。
2)医薬品および生体物質を含む化学物質の基本的な反応性を理解するために,代表的な反応,分離法,構造決定法などの基本的な知識・技能を身につけ、それらを説明・実施できる。
3)生命体の成り立ちを個体,器官,細胞レベルで理解するために生命体の構造や機能調節などに関する基本的な知識・技能を身につけ、それらを説明・実施できる。
4)医薬品の薬理作用の過程を理解するために,疾患に対する薬物の作用,作用機序および体内での運命に関する基本的な知識・技能を身につけ、それらを説明・実施できる。
5)薬物治療の基礎・応用知識に関して説明できる。
6)医薬品や化学物質のヒトへの影響,および生活環境や地球生態系と人類の健康とに関する基本的な知識・技能を身につけ、それらを説明・実施できる。
7)多様化する社会のニーズに柔軟に対応でき,情熱あふれる研究者として活躍するために,問題を発見し、その解決に向けた方向性を示すことができる。
8)薬学・科学・医療の進歩に対応するために、新しい情報や知識を把握し、生涯にわたり自己研鑽を続けるために必要な基礎的な力を身につけている。


up