民間企業等外部機関研究所

民間企業等外部機関研究所(以下「外部機関研究所」という。)は、本学と民間等外部の機関が組織対組織による高度な相互理解と信頼を前提とした新たな価値共創型の産学連携共同研究及び人材育成のため、外部機関から本学に受け入れる経費を活用して設置及び運営し、共同研究及び人材育成の推進を図ることを目的としています。

外部機関研究所の役割

外部機関研究所は、当該外部機関に係る共同研究、共同研究講座、共同研究部門、寄附講座及び寄附研究部門等の共通の目的又は基本方針を有するものを統括し包括的なマネジメントを行います。

研究分野

人文・社会科学、生命科学、理学・工学等の全ての分野、またはこれらを通じた学際的領域が対象。本学の研究科、附置研究所、病院等どの部局でも設置することができます。 

名称

外部機関研究所は、外部機関に係る共同研究等の目的又は基本方針を示す名称若しくは外部機関が明らかとなる名称又はその両方を付けることができます。
外部機関研究所の名称については、本学と外部機関が共同で設置することが明らかとなるような字句を前項の名称に付けることができます。

存続期間

存続期間は、原則として5年以上10年以下とします。更新することができます。

構成

外部機関研究所は、所長及びその他必要な職員から構成されます。また、副所長、運営統括責任者、研究統括責任者を置くことができます。

手続き方法

1.企業等から広島大学に外部機関研究所設置申込書を各部局の受け入れ担当窓口までお送りください。           
2.設置の決定は、広島大学学術・社会連携推進機構運営会議の議を経て、機構長(学長)が行います。
3.設置が決定したときは、教育研究評議会へ報告します。
4.設置が決定したときは、速やかに「外部機関研究所設置契約」を締結します。

関連規則・様式

設置状況

お問い合わせ先
広島大学 学術・社会連携室 学術・社会連携部 支援グループ(総務担当)

〒739-8511 東広島市鏡山一丁目3番2号
TEL:082-424-3745 / FAX:082-424-6189
E-mail:gakujutu-ssoumu@office.hiroshima-u.ac.jp (@は半角に置き換えてください)


up