広島大学北京研究センター

センター紹介

広島大学北京研究センターは、広島大学初の海外教育研究拠点として、2002年10月25日に、中華人民共和国北京市にある首都師範大学国際文化学院の中に設置されました。
センターの設置目的は、(1)研究者相互の共同研究及び研究者交流の支援、(2)優秀な留学生の確保、(3)広島大学からの留学支援、(4)日本事情の紹介と情報発信、などであり、現在これらの目的を達成するために具体的な取り組みが進められています。
首都師範大学国際文化学院の新研究棟完成に伴い、2004年10月に新研究棟内に移転し、従来の約5倍の面積に拡充しました。会議室・事務室・教室・茶室などを備えており、日本語の堪能な現地スタッフもいます。

センターの理念

スタッフ

歴代センター長

研究科(大学院)への留学

【お問い合わせ先】
広島大学グローバル化推進グループ
TEL: 082-424-6042


up