• ホーム
  • 梶田隆章博士をお迎えして「世界のトップ研究者に聞く 第2弾」を開催しました

梶田隆章博士をお迎えして「世界のトップ研究者に聞く 第2弾」を開催しました



11月29日、2015年ノーベル物理学賞を受賞された東京大学宇宙線研究所長・東京大学特別栄誉教授の梶田隆章博士をお招きし、サタケメモリアルホールで講演会「世界のトップ研究者に聞く 第2弾」を開催しました。

梶田博士は「ニュートリノの小さい質量の発見」と題して講演。岐阜県にあるスーパーカミオカンデでの観測、データ解析によりニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見、そして研究の現状までを分かりやすく話されました。

今回の講演会は、前国立天文台長の観山正見・本学特任教授が梶田博士と旧知の間柄であることから実現しました。会場のサタケメモリアルホールには高校生を含め、約600人の方にご来場いただき、市民の方からも活発な質問が相次ぎました。

講演する梶田隆章博士

会場の様子  

 
花束贈呈後の記念撮影  

【お問い合わせ先】
広島大学学術室 研究企画室
TEL:082-424-4426
E-mail:ura*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)


up