• ホーム
  • インドネシアで第1回日本語作文スピーチコンテストを開催しました

インドネシアで第1回日本語作文スピーチコンテストを開催しました



2016(平成28)年11月26日、広島大学PERSADA共同プロジェクトセンターが設置されているインドネシア・ジャカルタ市において、第1回日本語作文スピーチコンテストを開催しました。

広島大学PERSADA共同プロジェクトセンターと公益財団法人小丸交通財団の共同主催である本コンテストは「交通」をテーマとしてインドネシアでは初めて開催されました。インドネシアの日本語教育をリードする本学の協定大学8校に対して作文を募集したところ、88人の学生から応募があり、各大学で選ばれた27編が集まりました。その中から選出された8人が、会場となったダルマプルサダ大学の講堂にてスピーチを披露しました。
当日は、日本語を学習する学生や日本語教員など約150人の聴衆が集まりました。

コンテストの冒頭には、小丸成洋 公益財団法人小丸交通財団専務理事(福山通運株式会社代表取締役社長)、インドネシア元日本留学生協会(PERSADA)イスマジ・ハディスマルト副会長、ダルマプルサダ大学ダダン・ソリヒン学長からご挨拶をいただくとともに越智光夫 広島大学長からビデオメッセージとしてあいさつがありました。

また、来賓としてお越しいただいた在インドネシア日本国大使館の中村亮公使からごあいさつを賜り、日本とインドネシアの友好を促進し、両国の架け橋となる人材を育成する行事の開催を激励いただきました。

続いて、学生8人が流暢な日本語でスピーチを披露し、厳正な審査を踏まえて、ガジャマダ大学のザキッヤ・アマジダさんが第1位に選ばれました。

コンテストの締め括りには、佐藤利行理事・副学長の閉会のあいさつがあり、聴衆は最後まで熱心に耳を傾けていました。

参加8大学(本学協定校):
インドネシア大学、パジャジャラン大学、インドネシア教育大学、ガジャマダ大学、ブラウィジャヤ大学、北スマトラ大学、ハサヌディン大学、ダルマプルサダ大学

【問い合わせ先】
広島大学国際室国際部(国際センター)
国際交流グループ
TEL: 082-424-6042


up